ッサマンカレーが
世界一美味しい食べ物だと聞き、食べてみるも全くその美味しさが理解できないタイプの男、河原崎です。

 

今日は、とんでもないYouTube集客のノウハウについて話をします...

 

先日、私の友人であり、Facebook広告の先生でもある林さんから、

「ご飯行きましょう!」

と誘われ行ってきました。

 

驚愕のYouTube検索上位法

向かった先は、ホリエモン万博でジャングルスープカレーうどんを提供していたメンバーの1人のお店、

『箱庭』さん。

店主の川崎さんが提供する料理は、どれも美味で満足したわけですが、それ以上に衝撃的な光景を目の当たりにしたのです。

林さんは、出てくる料理を適当に撮影し、YouTubeに投稿。

その後、わずか15分で検索1位を獲得してしまったのです。

 

YouTube内の検索窓に

「赤坂 ワイン」

と入力し、検索すると

『赤坂で自然派ワインのお店「箱庭」』

という動画が上位に表示されると思います。

 

常識がくつがえるノウハウ

これは、とんでもないことです。

例えば、ブログを検索エンジンで1ページ目に表示させたい場合。

毎日2000文字以上の記事を書き続け、100記事ほどアップした後くらいから徐々にアクセスが増えていくのが一般的です。

毎日、1記事、休まず記事を書いて4ヶ月目にようやく数十人の人に見られるようになる感じ。

 

しかし、林さんのテクニックを使うと動画投稿後、15分たらずでYouTube内1位を取ってしまう。

人気YouTuberの動画よりも上に表示されていることも多いそうです。

 

アクセスは検索エンジンからSNSへ

以前、タレントのGENKINGさんが

「検索エンジンは、SEO対策された記事や広告ばかりで信用していない。
 SNSからリアルな声を集めるのが安心」

と言っていました。

 

これは、決して若い世代の話ではありません。

GENKINGさんは、33歳ですし、あなたのお店もそのくらいの世代がターゲットにもなるのではないでしょうか?

 

それを考えると、これから更にSNSの昨日も持ったYouTubeへのアクセスが増えていくことは容易に想像できます。

そういえば、実際、私もYouTubeでバンバン検索しますからね。

 

もし、YouTubeで検索上位を獲得して、大きな集客に繋げたいと思ったら以下サイトを見てみて下さい。

今なら無料で色々教えてくれるそうです。

⇒ YouTube集客の教科書はこちらから

おすすめの記事