間をダメにする快適なソファーで電気つけっぱなしで寝てしまい、首を寝違えて3日間治らないタイプの男、河原崎です。

 

新事実が発覚しました!

若者が使うSNSは、Facebookではなくインスタばかりだということです。

しかも、インスタ使うのに写真は見ない!

では、何を見てるのか?

今回は、それが明らかになります。

 

私は、夕飯を作るのがめんどうになると近所の居酒屋さんに行ってサク飯をすることが週1くらいであります。

そこの居酒屋さんで働く20代の若者にSNSの使い方について話を聞きました。

若者のSNS事情

河原崎
「SNSって使う?」

バイトA(やりちん)
「使いますよ」

河原崎
「なに使ってるの?」

バイトA(やりちん)
「インスタしか使わないっすね」

河原崎
「何投稿してるの?」

バイトA(やりちん)
「ほとんどストーリーっす」

河原崎
「写真は?」

バイトA(やりちん)
「投稿しないっす。
 見るのもストーリーばっかりですね。
 暇があればストーリーばっかり見てます」

河原崎
「B子ちゃんはどう?」

バイトB(かわいい)
「私もインスタばかりです。
 ストーリーばっかりですね」

バイトB(かわいい)
「あ、でも検索に出てくるものはよく見てて、気になるアカウントはフォローしてます」

河原崎
「Facebookは使う?」

バイトB(かわいい)
「全然使わないです」

いつの時代もSNSを
流行らせるのは若者

衝撃を受けました。

使うのはインスタばかりでしかもストーリー限定。

なので、今後、飲食店は、SNS集客をインスタのストーリーをメインに使っていくのが得策です。

「ウチのお客さんは年齢層高いからインスタ使わなくても大丈夫かな...」

と思っていたら痛い目を見ます。

というのも、いつの時代もSNSを流行らせるのは若者だからです。

若者が流行らせたものに我々おじさんが後からついていく形。

なので、これからあなたのお店のお客様が、インスタのストーリーを使い始めて他にはログインしなくなるというのも十分考えられるわけです。

 

そして、現在、あなたのお店のターゲットが若者ではなくても必ず世代交代はやってくるということ。

旧態依然としたマーケティングばかりだと新しいSNSに力を入れる店にお客様を奪われることになりかねない。

実際そういうことが起こっています。

SNSで集客が成功する店

SNSは、Facebookをメインに使って集客をしている方も多いです。

近隣の飲食店がFBを使っていない場合、その集客の差は歴然でした。

競合店の投稿にいいね!をしているお客様と友達になって常連になってくれた方もいると思います。

それが、今度は、インスタで起ころうとしているのです。

今、インスタのストーリーを使い始めてファンを作ったお店が今後勝っていくでしょう。

 

飲食店集客ラボでは、インスタの使い方についても詳しく公開していきます。

私もインフルエンサーアカウントを作るので、メンバーのお店を積極的に紹介して、集客のサポートができるようにします。

目指せフォロワー、100万人。

ラボでお待ちしています。

最新のSNS集客法を手に入れる:
https://kwrsk.net/shukyakulabo/

おすすめの記事