讃岐のおうどん花は咲く 代表 相方さんとの新企画詳細

ョップジャパンのプロモーションにやられ腹筋マッシーンを購入するも三日坊主なタイプな男、河原崎です。

「これから相方さんと行う企画って何なんだぜ?」

という質問が増えてきましたのでお伝えしたいと思います。

 

2月から飲食店さん向けの

“オンラインサロン”

を立ち上げます。

 

オンラインサロンというのは、インターネット上で運営されるクローズドなコミュニティのことです。

登録すれば誰でも参加できるオープンなSNSとは異なり、同じ目的を持った熱量の高い人だけが参加できるもの。

 

なぜ、私と相方さんが、飲食店向けのオンラインサロンを立ち上げるのか?

それは、我々が身につけ、結果を出してきた集客スキルを公開し、今後の不況に対応する力を身につけてもらうためです。

日本経済はあと3年で
“どん底”に落ちる

とまで言われています。

その理由は3つ。

1つ目は、2019年秋の10%の消費税増税。

これにより日本の消費はさらに冷え込み、デフレ化は決定的なものになるでしょう。

2つ目は、残業を規制する“働き方改革”。

このまま無策で働き方改革を進めてしまえば、日本人の給与所得が、トータルで5〜8兆円も縮小するだろうと試算されています。

これも日本の消費を縮小する大きな要因です。

 

3つ目は、オリンピック特需の終了。

今、建設需要は増えています。

これは、オリンピック特需があるから。

ただ、オリンピック特需がない東北や近畿では、激しく建設需要が縮小しているのが実情です。

なので、2020年のオリンピックが終われば、建設も終わり、非正規社員は職を失い、消費も減少。

次に建設業周りの企業から順に売上が下がり、結果的に消費も減少することとなります。

不況の波は
飲食店にも飛び火

増税、働き方改革、オリンピック特需の終焉からくる不況の波は、類を見ないほど大きいという経済学者も少なくありません。

不況の波は飲食業にも飛び火し、集客もままならず、閉店せざるを得ない店が激増する可能性があります。

 

しかし!!!

 

そんな予測がされているのであれば、今から対策を行い、集客難に陥ることも回避可能です。

そればかりか、今から集客スキルを身に付けておけば、怠けて何も行動を起こさず倒れていく競合店を横目に繁盛し続けることさえできるのです。

オンラインサロンでお伝えしていく集客法は、SNSやLINE、メルマガ、穴場のインターネットメディアを使った集客法を始め、のれん、看板のリニューアルなどリアルなインパクトを与える誘導の仕方など多岐に渡ります。

あなたの店を
繁盛させるための計画

オンラインサロンで
計画している内容は以下になります。

  • 週1オンラインミーティング
  • 月1セミナー&懇親会
  • 月1勝手にお店訪問&コンサル
  • 3ヶ月に1回のレクリエーション
  • 年1回の旅行
  • クラウドファウンディング
  • 参加者限定Facebookグループ

他にもやりたいことはたくさんあります。

 

実は、更にボーナス特典もあります。

これが、かなり強烈なものばかりなのですが知りたいですか?

教えて欲しい!と思ったら「教えてちょんまげ」とでもコメントを下さい。

知りたい人が多ければ明日にでも公開しようと思います。

それではまた!

 

追伸:
オンラインサロンの参加者募集は1月30日(水)朝6:00に開始されます。

楽しみにしていて下さい。

おすすめの記事