マインドセット

時間(命)を失う集客の勉強法

更新日:

は、マーケティングを学び売上を上げるために1000万円ほどお金を使ってきました。

もちろんこれは、全くゼロの段階で1000万円を使った訳ではなく、1つのスキルを身につけ売上を上げ、利益が出たら、その多くを再投資をしてきたということです。

例えば、20万円売上が上がったとします。

利益が30%の6万円だとすると、5万円ほどを勉強代に当ててきたという感じです。

 

こうした話をすると

「そこまでお金をかけなければ売上を上げることはできないのか?」

そう思われるかもしれませんが

そうではありません。

 

私が、これだけ大きな金額がかかってしまったのは、多くの高額塾に入ったことと馬鹿みたいに教材を買い漁った結果です。

塾に入っても教材を買っても結果を出せなかったノウハウがほとんどだったからです。

再現性の低いものを選んでしまったばかりに円も稼げなかったということは数え切れない程ありました。

 

しかし、その中にもわずかに良い塾や教材があり、そのノウハウの実践を続けたことで結果を出すことができたのです。

 

勉強代をケチった未来

では逆に、売上を上げるための勉強代をケチり、常に無料の情報しか受け取っていなかったらどうなっていたか?

おそらく売上は、全く上がらなかったと思います。

 

世の中は、多くの情報で溢れかえっています。

しかし皆、稼ぎの核となる部分は、無料では公開していないのです。

 

逆に良いノウハウに巡り会うことができれば、数万円の勉強代だけで、毎月、数十万円から数百万円の売上アップを叶えることができます。

ですので、是非、本物のノウハウを探し、

手にして欲しいと思います。

 

独学は人生のロス

失った時間は二度と戻らない

また、ごく稀な話ですが、

「自分は独学でやってみようと思います!」

というかなり無謀な方がいます。

集客を成功させ売上を上げるために、「飲食店 集客」などと検索し、出てきたサイトを見ながら実践しようと思っているのだと思います。

出てきたサイトを見ていくと

・ホームページでの集客

・ブログでの集客

・飲食店アプリを使った集客

そんなことを謳うサイトがいくつも出てきます。

本当にそれで大きな集客が可能になのか疑問が残る話が多いです。

 

サイト運営者は、基本的にコンサルタント。

なので、自分の売りたい商品に誘導することを目的に記事が構成されている。

つまり、無料のノウハウをいくら探しても最終的な売上アップの方法には絶対に辿り着かないのです。

 

Yahoo!知恵袋は赤信号

また、Yahoo!知恵袋で、

「飲食店の集客を成功させるにはどうしたら良いですか?」

などと質問をしている人がいます。

しかし、回答をしている人は、集客の第一人者でしょうか?

彼らは、困っている人の役に立ちたいと思うホスピタリティの高い方だと思います、が、私から言わせると、明らかに素人だということがわかります。

自分は、こういうサービスをしたら良いと思います、というイチ顧客目線の意見ばかり。

参考程度に考えるのは良ですが、リスクを孕むことも覚えておいて下さい。

というのも、統計を取ったデータではないからです。

同じような回答が、何百とあれば、ニーズがあるのはわかります。

しかし、1人の素人意見を鵜呑みにして実践するのは、的外れなことが多いわけです。

 

そうして、独学でやろうと思い、うまくいく方法は無いかと探し続けていると時間だけが過ぎ、いつまで経っても売上を上げることはできません。

勉強代として払ったお金は、いくらでも売上を上げて取り戻すことはできます。

しかし、失った時間は二度と戻ってこないのです。

 

ノウハウ購入=時間(命)の購入

人間にとって唯一平等なものは時間です。

我々は一分一秒、死に向かって近づいている。

つまり、時間こそが命だという認識を持つ必要があります。

時間だけは、無駄にしてはいけない。

失った時間は二度と戻らないからです。

なので、私は、売上アップのノウハウを買うということは、既にそれで結果を出している人が行ってきた膨大な時間を買うということだと思っています。

 

例えば、世界一の投資家ウォーレン・バフェットさんが1000万円で直接ノウハウを教えてくれるとします。

これはつまり、彼の80年分の時間を買うということ。

彼が、80年かけて得た、成功する部分だけのノウハウと失敗することを回避するためのノウハウが一度に手に入るのです。

ウォーレン・バフェットさんは、投資を行ってきた全ての年の会計を全て記憶している超天才。

ですので、独学で同じようになりたいと思っても我々凡人では短く見積もってもその倍、160年はかかると思います。

 

これは、飲食業界でも全く同じ。

既に結果を出している人が多いノウハウであれば、買ってどんどん勉強してしまった方が圧倒的に結果が出るのが早い。

 

なぜ、ここまで私が、売上アップを叶えるためにマーケティングを学ぼうと言うのか?

 

それは、

スキルが最高の資産

であるからです。

 

資産と聞くと不動産かな?株式かな?

と思いがちですが、違います。

 

ウォーレン・バフェットさんは、ある投資家に

「世界最高の投資案件は何ですか?」

と聞かれた際に、

『それはスキルだ』

と答えています。

 

投資家達はコカコーラの株かな…

Appleの株かな...

と思っていたところに

『スキルだ』

と言われて戸惑いました。

 

ウォーレン・バフェットさんは、

「若い頃に100ドルほどの教材を買って身に付けたパブリックスピーキングのスキルが、身を助け、多くの資産を得ることができた」

と答えたのです。

 

なぜ、スキルが最高の資産なのか?

それは、スキルには税金もかけられなければ誰にも奪うことはできないからです。

 

そして、

お金を稼ぐスキルさえあれば、もし仮に地震や津波で全てを失ったとしてもいつでもどこでも再起が果たせるからです。

 

2020年以降 訪れる大不況

閉店ラッシュ回避法

現在は大企業であっても大きな赤字を計上したり、粉飾決算を行い、投資家の信頼を失って株価が大暴落したり、会社の先行きがとても不安定な世の中です。

飲食店も同じです。

今後、過酷な状況に立たされる可能性も十分ある。

 

2020年の東京オリンピックまでは、外国人受け入れのため、ホテルなどの宿泊施設やその他の施設の建設ラッシュが続くでしょう。

そこには、雇用が生まれ、働き手の方も飲食店を頻繁に利用する。

しかし、オリンピックが終わり、建設も落ち着くと非正規雇用の方から職を失うことになる。

職を失った方は、出費を控えるため、飲食店に足を運ばなくなる。

ここまでであれば、そこまで大きな痛手ではないかもしれませんが、建設業周りの業態も売上減少は確実です。

すると、次第に他の業種も売上が下がっていき不況に突入。

不況は、東京から始まり全国に広がっていきます。

他業種で働く人も出費を控えることに。

もちろん、飲食店も例外ではありません。

おそらく、集客スキルを持たない飲食店は軒並み閉店することになるでしょう。

 

では今、我々は何をする必要があるのか?

それは、いつでも集客ができるスキルを身に付けるということです。

 

今回お伝えしたかったのは3つ。

  1. 独学では時間がかかるばかりか成功を手にすることが不可能に近い
  2. 買える時間はお金で買うこと 失った時間は二度と戻ってこない
  3. スキルが最高の資産

ということです。

あなたが望むのは、お店を高い水準で安定して経営し、ゆとりのある生活を手に入れることだと思います。

ですので、今回お話ししたことを常に思い出し、最高の投資案件を見つけて頂ければと思います。

 

 

追伸:
最近、メールに感想や質問を送ってくれる方が増えてきました。

お役に立てているのだと思うと嬉しい限りです。

また、直接LINEで集客相談もしているので悩みがあれば、こちらから送って下さい。

-マインドセット

TOPへ

Copyright© 飲食店集客メソッド , 2018 All Rights Reserved.