曜日はがっつりマインドセットインストール。

ポジティブに今週も頑張りましょう!

ということで今回のテーマは、

『心拍数を上げればポジティブになる』

です。

人間は面白いもので感情と肉体がリンクしています。

例えば、あえて極度な猫背になって、眉毛を下げ、口をへの字にして、膝を抱えて座って、部屋の隅でうつむき、畳を引っかいてみたらどんな感情になるでしょうか?

おそらく後ろ向きな気持ちで、ネガティブなことを考え始めたり暗い気持ちになります。

不思議なことですが、人間は、頭で何かを考える前に肉体がどういう行動を取るかで感情が生まれたり変わったりするようにできているということです。

なので、何か落ち込んでいる時や色々うまくいかない時は、胸を張って、笑顔で、堂々として歩いていくと気持ちがだんだんと高揚してきます。

心拍数を上げれば
ポジティブになる

人間が一番ポジティブでやる気に満ちている時というのは肉体を使っている時です。

ジョギングや筋トレをしたり、全力で力を振り絞った時にネガティブになるのはかなり難しいと思います。

なので、落ち込んでいる時やどんよりした気持ちの時は、筋トレをしたり、ダッシュをしたりして心拍数を上げると、すぐに明るい気持ちになるというわけです。

腹筋やスクワットなどをしている時に「俺はダメだ」とか「人生終わりだ」なんて思えないですよね。

短時間でポジティブになる方法

ちなみに短時間で心拍数を上げるのはジャンピングスクワットをたくさんやるのがお勧めです。

他の筋トレでも良いですし、ダッシュでも良いですが、

何か運動をして息が「ゼェゼェ」と上がったら、ネガティブな感情、暗い気持ちはスッキリと解消されています。

もし、あなたが暗い気持ちに傾いていると思ったらぜひ、心拍数を上げることをしてみて下さい。

気持ちがスッキリします。

ということで、今日も1日ワクワク全開でいきましょう!

 

追伸1:
ポジティブシンキングを興奮することとだと思っている人がいます。

例えば、外国人のセミナー講師のようにオーバーなアクションでハイテンションになることがポジティブシンキングだと捉えている人がいます。

しかし、あれは興奮しているだけです。

興奮が冷めると脱力感が襲ってきて何も行動できなくなる人もいます。

そうではなくて、ポジティブに考えるということは内に秘めた闘志を燃やしたり、どんなチャレンジでも自分にはできると思ったり、前向きに考えるということ。

瞑想をして進むべき道を再確認し、そこに向かって歩き出す決心をすることもポジティブな行動だと言えます。

精神がとても安定した状態はポジティブな感情を生み出すきっかけになります。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

追伸2:
勘違いしてはいけないのは、直感と本能は違うということ。

人間的なステージが上がってくると、直感で物事を判断した方がうまくいくケースがあります。

その場合は、直感を信じて行動するのが良いですが、多くの人は直感と本能がイコールの場合が多いのです。

人間脳で論理的に考えられる直感を鍛えていれば、物事は良い方向に展開していきます。

ですので、直感と本能は別物と考えるようにしましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
LINEでいち早く最新ノウハウをGET!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://nav.cx/cUQa5PO

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
YouTubeチャンネル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲食店集客ラボ 最新動画
飲食店に人手が足りない理由と飲食業界が変えるべきこと:

河原崎チャンネル:
https://www.youtube.com/user/airshiprk

おすすめの記事