の手紙はいくら広告費をかけても大きな集客ができなかった方に読んでもらいたい…
まずは疑った気持ちを持ったままで結構ですので、たった1通のメールを送るだけで
圧倒的な予約を取りつける飲食店の証拠ビデオをご覧下さい。

※ビデオは5分程ですが17時から4時間半、予約の電話が鳴り続けました。

 

この手紙でお話ししていくのは閑古鳥が鳴いていた
席数わずか27、店員3名、立地条件最悪のフレンチ居酒屋が
この映像の様にメール1通で繁忙期、閑散期関係なく連日満席を作り出し、
月間売上40万円の赤字経営から
わずか半年で210万円、売上前年比525%を達成、
劇的に黒字転換し、毎月限界の売上を上げ続けている
真実の物語です。

地獄の底から這い上がり
地域No.1店舗を作り上げた男の話

今、この手紙を読み始めた瞬間から、
おそらくあなたの人生にはわずかな変化が訪れることになります。

そして、手紙を読み終えた頃には
「劇的な変化」があなたの中に訪れているはずです。

もしも、現状のままで問題は無く、
店舗には新規のお客様も、リピーターも
獲得できていて、今後も安泰ということであれば、
今すぐにこの手紙を閉じてしまって下さい。

しかし、個客獲得に少しでも不安があるのであれば、
これからお伝えする手法を実践して頂くだけで
しっかりと売上と利益が上がり、一般に閑散期と呼ばれる
2月や8月であっても繁忙期と同じ水準の数字を
叩き出すことができるようになるでしょう。

これからあなたにお話したいこと

  • 何故、新規顧客、リピーターを確保できなかった男が
    たった半年で前年比525%の売上げを叩き出すことが
    できてしまったのか。
  • 何故、その男が他の店舗に知られることもなく、
    こっそりと地域No.1の人気店を作り上げることができたのか。
  • 何故、多くの飲食店がフリーペーパーやグルメサイト、
    またはFacebook、TwitterなどSNSを使い、
    ようやく集客ができている裏で、その男は広告費を
    一切使わずに平日、週末問わず店を満席にできているのか。
  • 何故、その男が繁忙期の12月よりも閑散期である
    8月の方が大きな売上を立てることができたのか。
  • 何故、その男が1通メールを送るだけで何週間も店を
    満席の状態にできるのか。

上に挙げた中で1つでもあなたが
知りたいと思うことがあったのであれば、
今すぐにこの手紙を読み進めてその答えを手に入れて下さい。

この手紙ではその全てが事実のまま語られていますので
一文字も飛ばさずに真剣に読み進めて頂くことをお勧めします。

そして、この手紙を全て読み終えたとき、
あなたはこれからの集客プランを根底から見直し、
新たな未来を築き始めることとなるはずです。

 フレンチ居酒屋Ginza 澄海
店長の増田です

このご挨拶を書かせて頂いている今、
お陰様で4周年を迎えることが出来ました。

潰れずに4年が経った・・・

これが今の率直な私の想いです。

今は満席の日がほとんどになり、
数年前に描いた目標が実現できましたが

元々私が料理の道を志したのはとても不純な動機からでした。

私は元々料理人を志望してなどいませんでした。

高校は神奈川の地元の普通科の高校に通っていましたが
周りの友人との学力の差は大きく

落ちこぼれレベルでした

高校時代は将来やりたいことなど決まっておらず
大好きだった「北の国から」に憧れて

北海道移住計画を立てていました。

どうしたら北海道で暮らすことができるのか。

そんなことばかり考えていたので
教科書はほとんど開くことがなく折り目もマーカーも

何もない新品の教科書が3年間増えただけでした。

そしてある日、北海道移住計画を実行することになりました。

北海道の大学に進学しよう。

高校生の私ができることはこれしかありませんでした。

目的は勉学でも将来の仕事のスキルを
身につけるためではありません。

北海道の自然に触れ生活をエンジョイすること。

ただそれだけです。

「建築家になりたい。
 北海道の大学で良い建築学科の大学があるからそこに進学したい」

そう切り出して自分の

愚かな欲のために親を騙しました

そして私は親を騙して手に入れた
北海道生活を自由気ままに満喫したのです。

北海道では釣りの楽しみを覚えました。

学校にも行かず来る日も来る日も魚釣りに明け暮れました。

大学では最低限の単位だけ取っていて
留年ギリギリで卒業できたというザマです。

なので建築の勉強などは全く覚えていません。

ただただ釣りをして時間を浪費するだけのロクデナシだったのです。

4年間で覚えたことは釣りだけで、ついには就職活動は全くしませんでした。

理由は就職活動をすれば建築関係の仕事に就かないといけないからです。

その当時の私の興味は建築ではなく釣りだけ。

とにかく釣りをしながら暮らすことができれば
他のことはどうでもいいと思っていました。

釣り以外のことなど何もやる気が起きなかったのです。

しかし、親は立派な建築家になってくれると
信じてくれていました。

私が就職もせず地元の箱根に帰って来た時は
親からも親戚からも

のことを信じて送り出したのに
なんだこのザマは!

と酷く避難をされました。

この時はさすがにまずいと思いハローワークや求人誌で
就職先を探すことにしたのです。

そして見つけたのが山中湖の湖畔にあるペンションでした。

なぜ私がそこを選んだのかというと仕事のためではありません。

仕事以外の時は100%釣りをして暮らすためです。

懲りずに釣りのことばかりを考えていて
建築系の仕事ではなく料理人としてそのペンションに

就職することを両親に伝えると呆れられ勘当同然で家を出て
住み込みで働く生活が始まりました。

しかし、私の思惑通りにはいかず
釣りをする時間はほとんど与えられませんでした。

そこは帝国ホテルで料理人をしていたシェフがオーナーの
とても人気がある忙しいペンションで調理場は毎日戦場だったのです。

休みはありますが疲れていて釣りどころではなく
一日中寝て日が明けるとまた朝早くから厨房に立つ。

厨房と言っても入りたての私に与えられた仕事は皿洗い。

つまり、

雑用として就職

したのです。

来る日も来る日も皿洗いを続け、それまで
遊んで暮らしていた私にとって本当にキツい仕事でした。

食器を洗う洗剤で手は荒れ、ひび割れて血が滲み
軟膏とばんそうこうが無ければ耐えることができないほど。

慣れなくても頑張っているのに仕事が遅いと
怒鳴られることも一度や二度ではありませんでした。

釣りが目的で山中湖にまで来たというのに
それをする時間さえもまともに取れない。

こんなにキツい仕事だとわかっていたなら
応募などしなかったのに…

なんて料理の世界は厳しく大変なのだろう…

自分の趣味の時間さえも持てない仕事を続けている
料理人達は狂っているのではないか…

今思えば仕事に対する気持ちも中途半端で、この時は

飲食店をやりたいなどとは
1ミリも思っていませんでした

そうしたネガティブな 感情がありながらも
この仕事を失ったらまた職が無くなり生活ができなくなる。

無職になったら大好きな釣りさえもできなくなるという想いで
続けていくことに決めたのです。

本当に不純な動機でした。

しかし、本当に大変な仕事でしたが、
生まれて初めてコツコツと取り組むことができるものが見つかり、
陳腐な表現ではありますが、次第に『やりがい』というものを
感じるようになっていきました。

そして、仕事も手際よくできるようになった時
シェフからついに料理を任されたのです。

もちろん簡単な料理からでしたがその時の嬉しさは
今でも思い出します。

いつしか私は料理が好きになり、自己紹介をする時には

「私は料理人です」

と言うようになっていました。

釣りのことばかりを考え、適当に働いて僅かな給料をもらい
好きなことをして生きて行けたらどんなに
幸せだろうと思っていた自分に訪れた初めての変化です。

ペンションで働いていく内に私の幸せは
釣りではなく料理に変化していった
のです。

シェフからはフレンチの基礎から仕込み、調理法など
全てを学び次第に自分の店を持ちたいと
思うようになりました。

それから結婚を機に静岡市に移り、
結婚式場のシェフとして働くようになりますが

自分の店を持ちたいと思う気持ちは日に日に
大きくなっていきました。

そんな悶々とした気持ちで仕事をしていたある日、
妻のつてで今の店のオーナーとのコネクションができ

Ginza澄海をリニューアルから任せてもらえるようになったのです。

立地最悪の店舗で地獄の日々が始まる

そうして雇われではありますが、念願だった自分の店を
持つことができました。

たった27席ですが、こうして店を構えることが
できるようになり心が躍りました。

人通りは少なくビルの2階で入り口は見つけにくいという
最悪な立地だが俺の腕があれば客を魅了することができる。

瞬く間に地域一番店にしてやるぞと意気込みましたが
すぐに夢と現実のギャップを思い知らされたのです。

売り上げは連日のゼロ。

金曜日、土曜日の夜がゼロ。

1週間に3人くらいしか客は来ない。

月間の売上げは40万円にも満たなく、
完全な赤字経営でした。

店は静岡市清水区にあるのですが、
この土地の出身ではない私は、友達を呼ぶことさえ出来ず、
仕込んでも仕込んでも、誰も食べてもらえず、

自分で食べて、食べきれないものは、廃棄する。

料理人にとってこれ以上ない屈辱です

しかしその繰り返しでした。

まさに地獄の日々です。

今思えば当時の私の傲慢さがお客様の足を
遠ざけていたのだとはっきり分かります。

  • 周りにはフレンチの店は無いから一人勝ちだ。
  • 1回店に来た客は俺の料理に感動して100%リピーターになる。
  • フレンチに合わせる酒はワイン以外必要ない。

そんなことを思っていました。

きっとそうした思いが態度に出てしまい、
お客様もそれを感じ取ったのでしょう。

二度とご来店頂くことは
ありませんでした

しかし、その時は自分の何がいけないのか全くわからず
ただひたすら悩んでいました。

常に最高の料理を提供する準備はしている。

なぜ、客が来ない。

1人でも来たら「うまい店がある」と口コミを広めるはずだ。

なぜ、うちの魅力がわからない。

そんなことを考えていてもお客様が来ることはなく
やがて弱気な思考になっていきました。

「うちの店なんて魅力ないんだ」

「だいたい自分の料理なんて食べてくれる人はいない」

「自分は世の中に必要とされてないんだ」

完全に自分の存在価値を否定され、
その悩みも誰にも言えず、

もう辞めよう…
こんな苦しい思い、嫌だ…

何度も何度もそう思いました。

自分の決断は間違いだったのか…

と、悩んでいた時オーナーから
今後の経営について話があると言われ事務所に向かいました。

私は

『クビ』の2文字が頭をよぎりました

ドアを開けオーナーと向かい合い
ソファーに座り解雇を覚悟していましたが

突然オーナーはB’zの話をし始めたのです。

ミュージシャンのB’zです。

最初はなぜミュージシャンの話をするのか
全くわかりませんでした。

オーナー
「増田、B’zって知ってるよな?最近のB’zってどう思う?」

増田
「昔は好きでしたが最近の曲はあんまり良いとは思いません」

オーナー
「だよな。絶対ファンは減ってるよな。

 でもあいつらやりたいようにやってるよな」

増田
「そうですね」

オーナー
「なんでそれができるかわかるか?」

増田
「・・・昔ちゃんと稼いだから

 今売れなくてもいいと思ってるんですかね?」

オーナー
「そうだ。B’zは今やりたいことをやるために

 昔、やりたくないけど売れる曲を作ったんだ

私はハッとしました。

オーナー
「気づいたか?お客様が求めているものは

 決してお前が考えていることと同じじゃないってことだ。

 仕事をしてお客様からお金を頂くとなれば
 プライドを捨ててでもやらなきゃいけないことがある。

 B’zみたいにまずは今やりたくないことでも
 お客様に喜んでもらえるならそれをやって、

 将来やりたいことができる環境を作ろう。

 その時はお客様もお前のことを
 理解してくれるようになるしファンも付いてくるさ」

私はどうしようもないバカでした

売上が全く上がらないから
クビになるとばかり思っていましたが

オーナーの言葉は違いました。

私に大切なことを気付かせてくれました。

頭でっかちで頑固で自分のことしか考えていなかった
私の心にグサッと刺さり
これからはお客様と
しっかり向き合っていこうと
思うことができました。

どうしたら店に来て頂けるのか。

悩んだ末に始めたのが街頭でのビラ配りと
チラシのポスティングです。

どんなに天気が悪くても毎日朝と昼過ぎに

2時間ずつ配りました。

しかし中々お客様にご来店頂くことができません。

そしてチラシを配っていたある日、営業中にも関わらず

過労と心労で倒れてしまいました

店にはお客様がいなかったことだけが幸いでした。

意識がもうろうとする中の点滴・・・

全く覚えていませんが、無意識の中、
看護師さんに名刺を渡して、か細い声で、

「一度店に来てください」

と言っていたらしいです。

後日、リピーターになってくれた看護師さんが
笑って話してくれました。

さらに、売り上げが上がらない状況で娘が産まれました。

父親になった焦り、売り上げが上がらない状況でも
信頼してくれるオーナー、付いてきてくれるスタッフ、
様々な想いが交錯し、腹をくくりました。

絶対にこの店を満席にしてやる!

と心に刻みました。

そしてある日、
偶然ご来店されカウンター越しにお話をさせて頂いたのが
経営コンサルタントの河原崎先生でした。

先生は私の作った料理を食べ、感動して頂いたようで
その時一言こう言ったのです。

「お客さんにメールを送ったら連日満席にできますよ」

私はその時すでにメルマガを送っていましたが
目を見張る様な効果は出せず、集客はフリーペーパー頼りに
なっていたので、その言葉はにわかに信じられませんでした。

その後、先生から1通のメールが送られてきました。

「この通り送ってみて下さい。予約が入り始めますから」

と。

その時はまだ半信半疑ではありましたが、
ものは試しでお客様にそのままメールを送ってみたわけです。

すると私の予想とは裏腹にすぐに予約の電話が鳴り始め、
ものの数時間で翌週末はオープンから閉店時間まで
カウンターの数席を残し満席となってしまいました。

一発逆転の秘技を伝授された

気分でした。

お客様に送ったメールはたった3通。

1通目、キャンペーンの予告
2通目、キャンペーンの詳細
3通目、予約のスタート

たったこれだけです。

なぜ、たった3通のメールで、週末をあっという間に
満席にできたのか先生に聞いてみました。

すると、先生は、

「増田さんの料理の魅力をしっかり伝えただけですよ。

 ただ、どうやったらお客さんがお店に来たくなるかは
ちょっとスパイスを入れましたが」

と答えました。

その説明を聞き納得し、
ご来店されたお客様にはしっかりと料理を提供し、
そしてリピーターになって頂くことも叶ったわけです。

当店は正にこの

集客ブーストメールで
命を救われました

メールで集客を始めて半年が経った12月、繁忙期もあり
記録的な売上を叩き出すことができました。

開店当初から半年間、40万円しかなかった売上が
210万円にまで膨れ上がり売上前年比525%にまで

成長したのです。

勢いは年が明けても止まりませんでした。

1月が明けたら閑散期の2月となりますが
12月に次ぐ売上で180万円。

その後も200万円前後の売上を出し続け
閑散期の8月には前年の12月を大きく上回る

270万円の売上を上げることができました。

通常、飲食店は閑散期には売上が通常時の4分の1にまで

落ちることすらあります。

そんな中でこんな数字を出したと聞くと
あなたは信じられないかもしれませんが

これはまぎれもない事実です。

また、この手紙の最初に私のお店がメールで
予約を取り付けている映像を載せていますが、

この時はメールで1万3000円のおせちを119個
ご予約頂きました。

1通のメールだけで
154万7000円の売上

上げることができてしまったのです。

そして今では、2週間ほどであれば1通メールを送るだけで
平日週末問わず満席にすることができるようになり、
予約のキャパを遥かに超えることにもなってしまったので
やむを得ず2号店を出店するまでになりました。

今まで、当店はフリーペーパーやグルメサイトなど、
様々な広告媒体を使ってきましたが、
このメールマーケティングを始めてから
ほとんど広告は使わなくなり、無駄な経費は
一切不要となりました。

その分お客様には価格を落として
料理を提供できるようになりましたし、
本格フレンチを安く食べられるということもあり、
口コミによってお客様がお客様を
次々に呼んで来てもらえる状況にまでなりました。

こうして自分の店を持ち、
結果を出すことができるようになったので
両親に報告しようと思い数年ぶりに実家に
電話をかけました。

電話に出たのは父で開口一番

何の用だ

です。

勘当同然で家を出て結婚の時と娘ができた時に
挨拶に行っただけで後ろめたさもあり

疎遠になっていたので当たり前ですが、
どうしても当時の自分の非を詫び、
今の自分を認めてもらいたかったのです。

父にはろくに話を聞いてもらえず
すぐに母に替わりました。

私は料理人として生きていくことを決め
店を持てたこと、オーナーや先生の助けを得て

店を軌道に乗せたことを報告すると

「本当に良かったね、本当に良かったね」

と泣きながら喜んでくれ、私も初めて
心から涙を流しました。

その時、父とは話をすることはできませんでしたが、
母が私の言葉を伝えてくれたらホッとして少し微笑み

「ようやく一人前の手前まできたか」

とつぶやいたそうです。

親を騙して好き勝手やってきた私がこうして店を
切り盛りできるようになったのは

様々な出会いがきっかけでした

私に料理の素晴らしさを教えてくれた師匠との出会い

妻との出会い

Ginza澄海のオーナーとの出会い

スタッフとの出会い

お客様との出会い

出会いが私の人生を変えてくれました。

そして、売上を急激に上げるノウハウを
伝授してくださった先生との出会いがなければ

今だに経営に苦しんでいたと思います。

料理の腕には自信がありましたが肝心な集客は
からっきしだった私に力を与えてくれました。

先生のお客様のハートを狙い撃ちする
メールマーケティングの凄さは映像で
ご覧頂いた通りです。

たった1通のメールで150万円を超える予約を
取り付けたとなると、とても高度なスキルが必要なのでは?

増田さんは元々文才があったからできたのでは?

と思われるかもしれませんがそれは違います。

私は学生時代ろくに勉強もしない落ちこぼれで
釣りのことしか考えておらず、料理しか行って来なかったので

文才などは微塵もありません

何の面白みも無い文章しか書けなかった私ですら、
こうしてお客様の来店を促すことができているのですから
メールを使った集客はあなたにもできるはずです。

ただ他のお店が行っているのと違うのは
効果が実証された成功済みのメールの雛形を元に

自分のお店の情報に書き換えているだけなのです。

この集客ブーストメールの雛形を手に入れたことで
みるみる集客ができるようになりました。

ですので、あなたもこの手紙を読んで、他店と圧倒的に
差別化ができるメール集客に興味を持つことができたら
ぜひ導入してみて下さい。

きっとあなたが望んだ売上アップを実現できると思います。

増田慎一

夢に描いた理想の繁盛店
そして莫大な売上と利益
『自由に溢れる人生』を
求めているあなたへ

HK写真2

飲食店集客コンサルタントの河原崎です。

この度、増田さんのお店に導入して頂いた
メール集客の手法を6つのテンプレート(雛形)と

7つのメール会員集客法を公開することとなりました。

ノウハウは今まで飲食業界では一切明かされていなかった
入れ食いのブルーオーシャン状態を作り上げる
競合が真似できない手法となります。

このノウハウを取り入れることによって
一切の広告費を使うことも無く、

あなたのお店の本当の魅力を確実にお客様に届け、
半年後には地域No.1の繁盛店に作り上げる事も
不可能ではありません。

また、

広告を知らない広告マンや
実力不足のコンサルタント

が持ち込む見せかけの成功事例に惑わされなくなります。

私は、大手広告会社で営業を行ない、
その後、
インターネットを使った
ダイレクトレスポンスマーケティングを習得し
経営コンサルタントとして独立しました。

そして、何社もの飲食店の集客及び売上アップを
成功させています。

あなたは今の広告媒体に一体どのような印象を
お持ちでしょうか。

フリーペーパーやグルメサイトは水物で
当たるか当たらないか出してみないとわからない
冷ややかな目で見ているようなこともあるかもしれません。

しかし、そうした媒体を使って
集客ができている店舗があることも事実で、
その成功事例を持って広告の営業マンは足を運び
掲載プランを提案します。

そして、そのクーポン系の広告を使えば
集客に成功するのではないかという淡い幻想
抱いている人が数多くいるのもまた事実だと思います。

ただ、今ハッキリとあなたにお伝えしたいのは
広告業界に出回っている媒体で

何年も継続して
集客し続けられる店舗は
ほんの一握り

だということです。

勿論、広告全て効果がないとは言いません。

ただ実際に、

”あなたの店舗へ継続的に多くのお客様を呼び込む”

という肝心な目的を果たすことができる、
そんな「価値のある手法」というものは、
多くの店舗が掲載されてしまっている広告である限り
まず無理だと言っていいはずです。

そもそも、不特定多数の店舗が掲載される
広告媒体ということ自体がそうそう簡単に
全店舗の集客を成功させることなど
出来ることではないのです。

ですが、広告の営業マンはいとも簡単に
集客できるかの様な謳い文句と
少ない成功事例を伝え、店主をその気にさせ、
申込書にサインをさせます。

しかしその実情はどうでしょう。

広告に掲載し、集客が成功し売上も利益も大幅に
上がった店舗というのは極わずかで、少なくとも私は
大成功を納め、未来永劫安泰だという店舗は
見たことがありません。

ある程度の数の店舗が広告費をペイできるくらいの
集客ができているという現状でした。

そして、酷い店舗では”集客を可能にして売上を上げる”ことを
目的として作られている広告だったとしても掲載料だけを

搾取され、集客すらできずに
泣き寝入り

しているというのが実情だったのです。

「なかなか集客できません」

そんな声を上げようものなら、
次から次へと新たな掲載プランを提示され、
次から次へと新たな広告に大切なお金を
吸い上げられてしまうのです。

やれフリーペーパーだ、やれネット媒体だ、やれ新聞だ・・・と。

しかしそれを謳っている広告会社は集客ができたら
お金を頂くというわけではなく、
媒体の枠を売ってお金を稼いでいるだけなのです。

そして最後には

「集客できている店舗は掲載を続けているので
認知度が高まるまで出し続けましょう」

と言われ、年間を通して莫大な金額を支払うこととなるのです。

こうして見ると、飲食業会を取り巻く広告会社の戦略は
決して大きく儲けさせず、広告の掲載をやめたら
集客がストップする(と感じられる)最悪なスパイラルに
ハマっている店舗で溢れ返っている様な気がします。

搾取する側とされる側。

距離を置いてみると飲食業界はそんな関係性が
ハッキリと見えてしまっています。

弱肉強食の世の中で生き残るには・・・

世の中は弱肉強食と呼べば確かにそうかもしれません。

江戸時代から明治に変わり、戦争を経て資本主義社会になり
そして現代人の武器は刀から知識に変わりました。

私が見てきた飲食店の店主の方々は、
料理の作り方、接客の仕方、従業員のマネージメントなどを
得意とする方が多く感じられました。

しかし、業界を飛び越えるとわからないことが多く、
とかく広告にいたっては本業ではないため、
営業マンの口車に乗せられてしまっている店主様を
本当に沢山見てきました。

知識の無いところに様々なデータを見せられてしまえば、
説得させられてしまうことも多いのではないかと思います。

もし今まで、多くの広告媒体を使い、目覚ましい成果を
上げることができていなかったのであれば、それは決して

あなたのせいではありません

あなたは日々、お客様と従業員を思い、
まともな休みもなかなか取れずとも文句も言わず、料理を作り、
従業員の指導を行ない、汗水たらして働いて来たわけです。

ただ、お客様を呼び込む極めて強力なたった1つの手法を
知らなかっただけなのです。

そこに目をつけた広告会社の営業マンは、
すでに認知度の差がある会社との違いなどは
大してプレゼンもせず、

「同じ手法で集客をしましょう」

と言うのです。

しかし、それには無理があります。

であれば、現段階人気店であり、
ちょっと広告を載せれば集客できてしまう店舗とは
全く違う手法を講じなければいけません。

そして、その手法を講じた私のクライアントは
それから

たった半年で売上前年比525%

を叩き出し地域No.1の人気店に成長してしまったのです。

それが増田さんのお店、Ginza澄海(スカイ)さんです。

Ginza澄海さんの立地は最悪
入りやすい店構えでもありませんでした。

メインストリートから外れ、店舗は急な階段を上がった2階。

じっくりと探さなければら見逃してしまうような門構えで、
もちろん激安居酒屋チェーンの1品280円というような
派手な看板は無く、なんとかのれんと120cm×90cm程の
手作りの立て看板で店舗の存在を示すのがやっとのスペース。

歩道も無い道路に面しているため
それ以上の幅を取った宣伝はできないお店なのです。

更に料理はフレンチで居酒屋と比べても
ハードルが2段も3段も高く感じられ、
客単価も他の飲食店と比べて高いわけです。

しかし、私は数ヶ月で連日お店を満席にする自信がありました。

そして、そのノウハウの全てを授け、愚直に実行してもらい
結果その通りになった。

反応が取れないメールは
死活問題に

今ではメルマガを使い、お客様に
リピートを促す飲食店は以前よりも増えてきました。

しかし、集客に悩んでいた当時の増田さんと同じように、
そのほとんどのお店が、なかなか効果を出すことが難しい
本当にもったいない使い方をしています。

私がお伝えするメールマーケティングはただ単に

・生ビール1杯無料
・おつまみ一品無料
・消費税還元

というような単発的なものではありません。

こうした宣伝めいたメールばかり繰り返し送っていると、
お客様の反応は次第に薄くなり、中には迷惑メールとして
処理してしまう人も現れます。

これでは

集客どころか悪い評判さえ
広がってしまうリスク

が出てくるわけです。

では、どのようなメールを送るべきなのかというと、
お客様には次のメールが待ち遠しくなる心理的誘導と、
料理だけでなく店主やスタッフにファンを付け
来店の理由を多角的に作り出す手法を講じる必要があります。

増田さんはこの手法を知り、お客様にメールを送ることで
長期的にも瞬間的にも来店を促すことができるようになり、
広告費を使わずとも爆発的な集客力を得られたわけです。

そして彼が「集客ブーストメール」と表現したのもこれまで
得られなかった結果が
短期間で実現したからだと思います。

では何故メールがこれほどまでにお客様の来店を
促すことができるのか、その解説を詳しくしていきますので、
しっかりとインプットするようにして下さい。

待ち続けているだけでは
お客様が集まらない理由とは

まず、集客を行なうにあたって覚えておかなければいけない
2つのマーケティングを解説します。

1つ目がプル型マーケティング、
2つ目がプッシュ型マーケティングです。

 

1.プル型マーケティング

プル型マーケティングは”引き出す”という意味で、
あなたのお店もこれに当たります。

つまり、店舗型のマーケティングということですね。

プル型の特徴はお客様が来店してくれるのを待つという
商売の方法です。

多くの広告もこのプル型でクーポン系のフリーペーパー然り、
グルメサイト然り、地域情報誌然りです。

ネット上ではバナー広告や検索エンジンで上位に表示される
PPC広告もこれに当たります。

 

2.プッシュ型マーケティング

そして、2つ目のプッシュ型マーケティングは
”押す”という意味で、もうお察しの通り、
メールがそれに当たります。

つまり、直接お客様に情報を送り行動を促すというものです。

メールの他にはDMやFAXなどもあります。

リアルビジネスで言うのであれば、
お客様のご自宅や店舗、オフィスに訪問する営業マンがそうです。

プル型との違いはお客様が訪問されるのを待つのではなく、
こちらから好きな時に情報を届けることができるということ。

プッシュ型マーケティングは、
お客様と接点を持ちやすいという特徴があります。

そしてプッシュ型であるメールはというと、
お客様が希望して登録され、そこから接触頻度が
高くなると親しみを感じて頂けるようになります。

これは、心理学で言うところの
「ザイオンス効果」にあたります。

フリーペーパーや飲食店が集まるポータルサイトでは
お店側から接触頻度を上げることなどできません。

つまり、お客様の心に刺さる魅力的なメールを
送ることによってファン化が進み、

何度もご来店頂くのが可能

となるわけです。

これらの説明から

プル型(店舗) × プル型(見つけてもらわないと集客できない広告)

よりも

プル型(店舗) × プッシュ型(直接お客様に届くメール)

の方が集客効果が大きいというのがわかると思います。

このメールマーケティングを行い、
増田さんはたった半年で集客に大成功しました。

『メールマーケティング』と言うと何か難しいことを
覚えなければいけないと思ってしまうかもしれませんが、
やることは、ご来店されたお客様にメール会員になって頂き、
メールの書き方をテンプレート通りに書いて送るだけです。

テンプレートとは『ひな形』のことで、
その通りに行なって頂ければ増田さんのお店と
同じ効果が出るものです。

とてもシンプルですよね。

もっと言えば、友達にメールアドレスを聞いてメールを送るだけ。

これならパソコンでなかったとしても
携帯電話でほとんどの方が行なったことがあるはずです。

そして、メールなのでコピーライターのような
気の利く文章はゼロから書く必要はありません。

肝心なのは広告的な売り込みは必要な時だけにして、
あとはコミュニケーションを取るように書いてみて下さい。

そうすればだんだんファン化は進み、
お客様もお店に足が向くようになってきます。

本当の資産を
構築しなければいけない理由

私が何故これほどまでにメールマーケティングを勧めるのか。

それは、お客様にあなたのお店のメール会員に
なってもらえさえすれば、広告費をかけることなく
いつでも好きな時に集客ができるからなのです。

ですので、お客様にメール会員になって頂く時に
登録されるメールアドレスこそがあなたの店舗の資産となります。

こんな逸話があります。

 


江戸商人の話

江戸時代の商人は、火事の時にはまず
大福帳(顧客リスト)を専用の井戸に投げ込み、
それから逃げるというのが常識でした。

そのために大福帳はコンニャクに似た
水分に強い特殊な紙でできていたといわれています。

在庫商品が焼けてもまた仕入れればいい。

店ごと焼けてもまた建て直せばいい。

しかし、大福帳を失えば
商売の全てを失うということをよく理解していたのです。


先述したプル型マーケティングである
クーポン系フリーペーパーや地域情報誌への掲載だけでは
あなたのお店の資産となる顧客リストは一向に集まりません。

顧客リストを集めるどころか、苦労して稼ぎ出したお金を
吸い取られているだけかもしれないのです。

しかし、江戸の商人の逸話のようにお客様がたった1度
メール会員になってくれさえすれば、それは資産となり、
何度も来店を促す案内を送ることができるようになります。

最初の内は新規顧客の来店を促すために
フリーペーパーや地域情報誌などの広告も
併用した方が良い場合もあります。

そしてご来店の際にメール会員になって頂ければ
広告への掲載は一切不要となり、
メールを送るだけで
一度ご来店頂いたお客様はもちろん、
新規のお客様にもご来店頂くことができるようになります。

なぜ、メール会員ではない新規のお客様に
ご来店頂けるのか、そのテクニックを
お話ししておきましょう。

テクニックというと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
これはとてもシンプルな方法です。

メール会員であるお客様に

「3人以上でご来店頂いた場合、◯◯が無料」

というようにメールを送ってみて下さい。

するとメール会員の方がご新規様を高確率で
連れて来てくれます。

そして、ご来店されたご新規様にも
メール会員となって頂く。

これを繰り返せばメール会員は右肩上がりに増えていき、
それと同時に売上も利益も飛躍的にUPしていくことと
なるでしょう。

とても簡単なことなので、
すでにお客様にメールを送っていらっしゃれば、
明日にでも行なって頂ければと思います。

馴染みの店が閉店を余儀なくされ
決意したこと

こうしてお話をさせて頂いていると、
なぜ、ここまでのノウハウを公開し、
メールマーケティングを勧めるのかと
疑問に思われるかもしれませんのでお伝えしておきます。

私はこれまで、インターネットを使ったマーケティングの多くを
学ぶために身銭を切り、300万円以上スキルを得ることに投資をし、
メルマガ配信スタンドのエキスパートが発行する

『エキスパートメール認定コンサルタント プロフェッショナル』

という肩書きを得ることができました。

しかし、その肩書きを頂けるまでに
良くしてくれていた飲食店が立て続けに
閉店することとなったのです。

それは自信を持って集客、そして売上アップを実現させる
コンサルタントとしてデビューする前のことでした。

私が通ったお店が閉店することを余儀なくされたのは、
業界に溢れる広告媒体をいくら使おうとも集客に成功せず、
経費がかさみ利益を出すことができなかったからです。

もしそれが、集客のノウハウを持たない昔の私だったとしたら、
たとえ愛着の無いお店が閉店することになったとしても、

「激しく移り変わる時代の流れに乗ることができなかったんだな」

と、人ごとのように思っていたかもしれませんが、
今はそんなことは口が裂けても言えません。

なぜなら、

どうしたらコストをかけず集客ができるのか、

どうしたらリピーターを増やすことができるのか、

どうしたら売上、利益共に高い水準で安定させ
健全な経営ができるのか、

たった1つのシンプルな方法を実践するだけで
それが可能になることを知り、実現させてしまったからです。

それからは絶望的な状況だった時の増田さんと同じ思いの方が、
私の知らないところにたくさんいるかと思うと、
ノウハウを伝えないことが悪だと思えてきたのです。

世界最高の投資案件

そして今後、日本は1000兆円を超える借金返済のため
消費税が段階的に上がっていくようになり、
更に所得税も増えていく大増税時代がやってきます。

人々は外出を控え、趣向品を手にすることは少なくなり、
飲食店も記念日や何かのイベントがある時にしか
利用しなくなる可能性すらある。

その時に飲食店を始めとした店舗ビジネスを
行なう企業に必要なのはプル型の広告ではなく、
メールを使っていつでもお客様を呼び込むことができる
プッシュ型マーケティングだというわけです。

広告は人任せの水物であるのに対し、
メールマーケティングを覚えるということは
あなたのマーケティングスキルを上げるということです。

世界一の投資家ウオーレン・バフェット氏は他の投資家に
これから何に投資したら良いかと問われた際に、

世界最高の投資とは
自分のスキルを上げることだ

と答えたそうです。

スキルを上げること。

そう、それはどんな厳しい時代になろうとも
正常に動く脳さえあれば引き出すことができる知識であり、
反復して体に染み付いた力であるといえます。

私がお伝えするスキルを身に付けさえ頂ければ、
閉店という最悪の状況を免れるだけではなく、
むしろ競合他社とは圧倒的な差別化をし、
地域で1人勝ちすることすらできるようになります。

そして、あなた自身はもちろん、家族、従業員も
充実した生活を送ることができるようになり、
お客様にも最高の価値を提供できる方が増えることを願い、
私は今回、全てを公開する決断をしたのです。

また、これから学んで頂くことは先述した通り
とてもシンプルで知識ゼロのど素人でもできるものなので
安心して実践して頂ければと思います。

集客スキルを身につける
5つの手順

では、どんな手順でメールマーケティングを行なっていけば良いのか
詳しく解説していきます。

一般的なメールマーケティングを行なう流れ

  1. お客様に刺さるメールの書き方を書籍やコピーライティング教材から学ぶ
  2. 配信用のメールアドレスを取得する
  3. メール配信システムを導入する
  4. メール会員を集める
  5. お店のお得な情報をメールで配信し来店を促す

これが一般的な流れで、最も時間のかかることは1の
お客様に刺さるメールの書き方を覚えるというところです。

これは、広告でいうところの
キャッチコピーやボディコピー(説明文)に当たります。

今までフリーペーパーやグルメサイトなどに
掲載したことがあるのであれば、
お店の情報を営業マンやライターに口頭で伝えて文章に
起こしてもらっていたことでしょう。

しかし、メールマーケティングを行なうのであれば、
この文章力アップは避けて通れません。

毎回、売り込みのメールだとマンネリ化して

読者の反応は落ちていきますし、その内メールも開封されなくなり、
挙げ句の果てには迷惑メールボタンをポチッと押されて
しまうことにもなるでしょう。

そうしたらもう二度とお客様はメールを読んでくれません。

そうはいってもあなたはお店に出勤し、仕込みをし、
開店準備を経て営業を始め、お客様の応対や調理、スタッフへの指示、
まかないを作ったり片付けや閉店作業もあるでしょう。

そんな多忙な通常業務をこなす中で、
お客様に刺さるメールの書き方を
1から覚えるのは本当に大変なことです。

おそらくその勉強は業務時間外、
つまり休みや開店前、閉店後、あなたの極わずかな睡眠時間や
プライベートの時間を削って行なうことになります。

「もはや人間の生活スタイルではない」

そう思われるかもしれませんが、
スキルを身に付けるのであれば自らの時間を投資し、
何度も文章を書き出し、その道の第一人者や
実際のお客様となる人に読んでもらい、
心が動くかどうかを伺ってみなければならないでしょう。

しかしあなたにはそんな時間は無いのではないでしょうか。

できることならすぐにでも反応が取れるメールを書き出し、
送信する時間を決め、配信予約をする。

メールは自動で配信され、その後にバタバタと予約が入り始める。

これが理想だと思います。

であれば、学ぶ時間は最小限にし、圧倒的な予約を可能とした
既に実証済みのメールの文章をあなたのお店に当てはめて
書き変えてしまえば良いのです。

「ちょっと待ってください。私はそんな凄いメールを
今まで見たことも受け取ったこともありません」

そんな心配は無用です。

時間がなければ人の物を盗めばいい

今回、行なうオンライン講座では
たった3通のメールで店を満席にする
メールテンプレートをお渡しさせて頂きます。

これは、既に増田さんにお渡しし、
その効果はこの手紙の冒頭の映像でご覧頂いた通り
実証済みです。

あなたはそのテンプレートの真似をしてメールの入力欄に
店舗の情報や料理、ドリンクなどの情報をキーボードで
カタカタ打つだけとなります。

つまり、

成果が約束された文章をそのまま使うことができるので
1から膨大な時間をかけ

メールの書き方を覚える必要がない

というわけです。

そして、このテンプレートを使い、
週に1回お客様にメールを配信していくことで、
次第にどんな文章を書いたら予約が入るのか
わかってくることでしょう。

週にたった1通のメールを配信し、
これを半年間続けることでお店が繁盛することになったら
ぜひ、競合にならないお知り合いの店長やオーナーに
メールマーケティングの素晴らしさを伝え
コンサルを行なってみて下さい。

そこで新たなキャッシュポイントが生まれ、
更に大きな収益を上げることができるようにもなります。

お店を繁盛させた後の
次のステップについて

もうお分かりの通り、
あなたはメールマーケティングを学ぶことによって
お店を爆発的に繁盛させることができる上に、
メールを使った集客コンサルタントにもなることができるのです。

世の中には「経営コンサルタント」を名乗る方達が五万といますが、
私が思うにクライアントに集客させることができてこその
コンサルタントだと思うのです。

しかしその実情は
中小企業診断士という資格を持っているだけで
分析を仕事とし、肝心な集客の具体策を
持っていなかったりする方達ばかり。

経営コンサルタントとは
クライアントに儲けさせるのが仕事のはずですが、
どうもその多くの方たちは勘違いをしているのではないかと
思ってしまうのです。

これからあなたが超効率的にメールマーケティングを学ぶことで、
経営コンサルタントと呼ばれる方達よりも集客スキルを身につけ、
大きな実績を瞬く間に作り上げることが出来るようになるでしょう。

ぜひ、ご自身の店舗集客だけではなくスキルを身につけ、
その先のステップにも進んで頂きたく思います。

「先生」と呼ばれるビジネスを行なうのは
なかなか気持ちが良いものですよ。

とてもシンプルな
メールマーケティング

では、ここでオンライン講座で学べるメールマーケティングの
手順について解説します。

  1. 配信用のメールアドレスを取得する
  2. メール配信システムを導入する
  3. メール会員を集める
  4. テンプレートに沿ってメールを書き、配信ボタンを押す

1の”メールアドレスの取得”は
既にお店用のアドレスお持ちでしたら不要です。

※Yahoo!メールやGmailなどのフリーのメールアドレスではない
お店専用のメールアドレスが必要となります。

2の”メール配信システムの導入”は
一度申込みをしてしまえばその後は不要なので、

その後あなたが行なうことは・・・

メール会員を集めること
メールを配信すること

だけとなります。

とてもシンプルですよね。

これを繰り返せば高確率で大きな集客が
できるようになります。

デメリットもお話ししておきます

これまで多くの広告や飲食店のポータルサイトなどを
利用して来たことがあるのであれば

「そんなにオイシイ話があるのか?」

と疑う気持ちが生じると思いますので先にお伝えしておきます。

オイシイ話だけではありません。

全てのビジネスにはリスクや短所があり
メールマーケティングも例外ではありません。

良い話だけをして、
悪い話をしないのはフェアではありませんので、
今度はデメリットの方をお話しておきます。

おそらく、いちばん多いと予想される質問として、

「本当に私でもできますでしょうか?」

という内容です。

「受け取ったテンプレートを自分の店の内容に書き変えて
メールをお客様に送り、広告費をかけずに予約を
取り付けるというのはよくわかりました。

 しかし、今までお客様にメールを送ったこともない
パソコンも苦手な私でも
本当にできるのでしょうか?」

こんな不安です。

特にこれまで多くの広告に掲載しても
目覚ましい効果が出なかったという人は
不安や猜疑心が生まれて当然だと思います。

ビジネスの世界では、同じ広告を出しても、
同じノウハウを習得しても、成功する人と
そうでない人に分かれてしまいます。

勝ち組と負け組の二極化が起こります。

今まで広告で失敗し、大した効果も得られずに
大切なお金が消えていった経験がある方は、
また同じように集客に失敗するのではないかと
不安を感じてしまうこともあるかもしれません。

では、なぜ、成功する人と成功できない人に分かれるのか?

そこには4つの原因があります。

おそらくあなたも心当たりがあると思いますが、
まず、その事実からお話ししておきます。

成功できない1つ目の原因:
お店を忘れられてしまう

これはどういうことかというと、
何度もフリーペーパーや地域情報誌、
飲食店のポータルサイトに広告を掲載して集客しても
「忘れられてしまう」ということです。

お客様をお店に定着させるということを考えた時に
必要なのは、「忘れられないようにすること」なのです。

一般的にはフリーペーパーや口コミサイトを見て
お客様が自ら行きたいお店を探すというのが
行動の始まりになりますが、
広告の隣の枠にはライバル店も掲載されていますし、
それが何ページにも渡るわけです。

仮に読者があなたのお店の広告を見つけてくれたとしても、
選択の1つとなるだけで他のお店に行ってしまったりします。

こうして考えると広告は見つけてくれるためのもので、
お客様にずっと覚えていてもらうということは
とても難しいというのがわかると思います。

そして、他のお店と同じ集客方法を行っていれば、
差別化するために広告枠を大きくしたり、
飲食店のポータルサイトでトップページに表示させたり、
見つけてもらうだけであるのにもかかわらず
大きな広告費が必要になります。

またそれらの広告では毎回薄いお客さんを集めるだけで
「忘れられないお店」にすることはできないということです。

成功できない2つ目の原因:
顧客心理を理解していない人の提案

顧客心理を理解していない人の提案とは
主に広告会社の営業マンや商談に同席するライターの提案です。

彼らは媒体力や成功事例を元に広告の掲載を勧めてきます。

そして、申込みをして出来上がった広告を見ると
本当にこれで集客できるのか?

と思う様な原稿で仕上がってきたりすることがあります。

それもそのはず、彼らは媒体力を過信し過ぎて
消費者心理を学んでいないのです。

成功できない1つ目の原因でお話しましたが、
広告で最優先にしなければいけないミッションは

「見込み客に行動を起こさせること」

です。

では、人はどんな情報を目の当たりにしたら心が動き、
あなたのお店に電話をかけ、予約を取り付けられるのか。

それは、

本能に語りかけること

たったこれだけなのです。

本能とは脳の脳幹と大脳辺縁系からなる
IRAにプログラムされている一次的欲求のことで、
人間が生きていく上で必要不可欠なものです。

その本能とは、生き残り、人生を楽しみ、長生きしたいという想いや、
恐怖、痛み、危険を免れたい、性的に交わりたいなどといった欲求で、
これらを避けて生きることは100%不可能なわけです。

これらに異議を唱える人などいるでしょうか?

私たちは皆これらのことを求めているのではないでしょうか。

人の本能を刺激することで、行動をする
きっかけとなることがよく理解できていれば、
ターゲットがあやふやなイメージ先行の広告に
なるわけがないのです。

しかし、実情はそうではありません。

大手の広告会社であっても本能を刺激する表現を用いれば
絶大な効果を叩き出すことができるということを
まともに学んでいないのです。

重要なことなので繰り返し言いますが、

集客ができる広告とは格好良く綺麗な言葉を並べ立て
人を感動させるものではありません。

そんなものはたったの1円すら生み出さない。

広告とは狙ったターゲットの心を鷲掴みし、
今すぐあなたのお店に予約の電話をかけさせたり、
一度通り過ぎたあなたのお店に引き返し訪問させるという
行動を促すものです。

集客には顧客心理をよく理解したスキルが必要になるのです。

成功できない3つ目の原因:
中途半端な人間から教わっている

世の中には経営コンサルタントと呼ばれる方達が
それは大変多くいらっしゃいます。

中小企業診断士を取得し、経営コンサルタントを名乗る彼らですが、
店舗に立ったことも無く、マーケティングを行なったことも無い。

持っているのはただの資格だけです。

彼らが行なう仕事は経営コンサルタントと名乗るものの
店舗の分析のみだったりします。

私は経営のコンサルティングをするのであれば
現状を隅々まで把握する分析も必要かと思いますが、
一番の仕事と言えばやはり売上を上げることだと思うのです。

売上を上げること。

それは即ち集客です。

集客が最優先事項であり、売上に直結するにも関わらず、
それを机の上で学んで来ただけ、酷い場合は
どこかのホームページに乗っている様な

「フレンドリーサービスを心掛けましょう」
「ポイントカードを作りましょう」
「Facebookでいいね!を集めましょう」

という薄っぺらい提案はもう耳にタコができるほど
聞いて来ているのではないかと思います。

そんなものは二の次でいいのです。

必要なのは少ない労力と少ない経費で集客できる
実証済みで長期的に使うことのできるノウハウと
現時点でそれを有効活用している店舗の最新ノウハウです。

スキルも知識も中途半端な人からものを教わるほど
怖いことはありません。

メールマーケティングのデメリット

では、私と増田さんがお話するメールマーケティングには
デメリットが全く無いのか?

オイシイ話しだらけなのか?

という疑問もあると思いますので先にお話しておきますが、

・・・あります。

やり抜いた人間にだけにしかわからない、
小さなリスクが複数あります。

ちなみに増田さんはメールマーケティングを行い
大きな集客効果と実績を出しているので
それを一部だけ紹介します。

Ginza 澄海 席数27席 従業員 厨房1名 フロア2名
メールマーケティングの実績

  • 2013年11月 170万円
  • 2013年12月 210万円
  • 2014年 2月 180万円
  • 2014年 8月 270万円
  • 2014年 9月 250万円
  • 2014年12月 400万円
  • 2015年 2月 240万円
  • 2015年 3月 240万円

12月の繁忙期とそれ以降の売上を比較して頂きたく
このようなデータを出させて頂きました。

忙しくて大変だと言っていた2013年12月から年が明け、
一般的には閑散期呼ばれる2月は繁忙期に次ぐ売上、
更に、8月、9月は前年の最大の繁忙期12月を
遥かに上回る売上を達成してしまいました。

※2014年12月は1通のメールでご予約頂いたおせち119セット
 154万7000円の売上も含まれています。

私は他に何店舗もメールマーケティングをお伝えして
売上アップを図っていますが、その全てで高い水準の売上を
年間通して維持しています。

コンサルティングを行なう他店舗は
プライバシーもありますので公開はできませんが
このように年間通して天井の売上を作り上げられるのが
メールマーケティングです。

メールマーケティングを飲食店のオーナーや店長に
伝えることをしてきて2年。

全てにおいて売上アップを成功させてきました。

そのため、長所も短所も知り尽くしています。

具体的なデメリットをお話します

では、ここでメールマーケティングのデメリットを
具体的にお話します。

メールマーケティングとは
お店のメール会員になって頂いた方に
魅力的な料理やドリンク、おトクな情報などをメールで届け
来店を促す集客方法です。

一般的な広告媒体とは違い、あなたのお店だけの情報を
お客様に届けることになります。

ですので、お店に来て欲しい日や時間を絞って
集客することも可能になりますし
あらかじめお得な日を予告しておいて
そこに集中してお客様を集めることもできます。

では、どんなメールを送ればお客様は来店して頂けるのか。

ここで、消費者心理に基づいたメールが必要になります。

消費者心理に基づいたメールとは、信頼関係を築き、
お客様に予約の電話をかけてもらったり、
メールが届いたその日に来店を促すための手法です。

お伝えするのは、時代は変われど永遠に変わることの無い
人の本能を刺激する心理学と脳科学を最大限に
活用した方法ですので、巷に溢れる広告しか
知らない人にとっては
「信じられない」と思う程の売上を
達成
することができます

無名で実績も無かった私達がメールの書き方を覚え
作り出したテンプレートに沿ってメールを送っただけで
わずか半年でお店の限界の売上を上げてしまい
地域No.1の人気店になってしまったのがその良い例です。

つまり、メールの書き方さえ覚えてしまえば、
あなたのお店は高確率で結果を出すことができるのです。

しかし、お客様の心に刺さるメールの書き方を覚えるために
10時間程度のノウハウビデオで勉強する必要があります。

この10時間程度の勉強時間がいちばんのデメリットです。

「私は勉強が苦手なので覚える自身がありません」

という不安な方もいると思います。

ここが最も重要になるのですが
メールマーケティングにはテンプレートがあり
それをそのまま真似すれば増田さんと同じ結果を
出すことができるため、私は勉強する価値があると
思っています。

広告を知らない人の方が実は
成功確率が高いのです

テンプレートとは簡単に言えば
『いつでも』『同じ結果を出せる』『ひな形』
のことです。

このひな形に忠実に従えば、広告を知らない方や
人に行動をさせるメールを書いたことがない方でも
狙った売上を達成することができます。

逆に広告的な文章を書いたことがない、または少ない人の方が
売上は上がりやすい傾向にあります。

なぜなら、中途半端にアレンジを加えたり
自分のオリジナルを出そうとしないからです。

私にはメールマーケティングの師匠がいます。

師匠から今回お伝えするメールマーケティングを教わり
メールの書き方をテンプレート化しましたが、
実は教わっている時、正直な気持ちを言えば
「こんな事で集客できる訳がない」と思いました。

半信半疑でした。

なぜなら、それまで学んできた集客方法とは全く異なる為
「こんなやり方ではお客様を集められる訳がない」
と思っていたのです。

しかし師匠の教えは絶対ですので
信じられない気持ちを抑えて、ただノウハウを実践し
忠実にメールマーケティングを進めました。

結果、

私自身の広告代理業としての実績もみるみる上がり、
そして、私の初めてのクライアントでもある
Ginza 澄海の増田さんは、たった半年で
売上前年比525%を達成してしまいました。

この時、どんな業界であっても
メールマーケティングを行えば目を疑う様な成果を
上げることができると確信しました。

そして、私にはクライアントが増え、
フランス料理店だけではなく、
どんなジャンルの飲食店でも売上を
上げて頂くことに成功しています。

メールテンプレートは
6枚あります

  • 当日に来店を促すメールテンプレート
  • 1通で予約を取りつけるメールテンプレート
  • 3通のストーリーメールテンプレート
  • 5通のキャンペーンテンプレート
  • 7通のストーリーメールテンプレート
  • 売り込みをしなくても予約が入るメールテンプレート

この中で増田さんや他店舗の方が最も多く使い
成果を上げているのは3通のストーリーメールテンプレートです。

通常は、

『3通のストーリーメールテンプレート』と
『売り込みをしなくても予約が入るメールテンプレート』を

使って頂ければ集客は成功し売上を上げる事ができますが
状況に合わせて他のテンプレートを使用していく事で売上は
爆発する事となるでしょう。

もちろん、その効果には多少のズレはあります。

実際に私のクライアントさんもこの6枚の
テンプレートを使用して満席にはならない事も
ありましたし、売り込みをしないメールでは予約が
少ししか入らない事もありました。

しかし中長期的に見てみると、
この6枚のテンプレートさえあれば
確実に予約数、来店数は大幅に増加し、

『閑散期であっても』『どの店舗でも』
『同じ結果』を出せています。

大切な事はテンプレートに『忠実』に従う事です。

逆に、テンプレートの流れに逆らうと失敗します。

私も増田さんもテンプレートに沿って集客に成功した後
師匠から教えられたこのテンプレートの流れから外れ
オリジナルをミックスさせてしまいました。

その結果、失敗しました。

3通のストーリーメールテンプレートを
中途半端にアレンジを加えて使用してしまったので
予約数は通常の半分にも満たないという結果に
終わってしまったのです。

メールマーケティングで大切な事は
『テンプレートに忠実に従う事』なのです。

あなたにも出来るはずです

しかしここでよく言われるのは

「河原崎さんだからできた」

「増田さんだからできた」

という内容です。

「インターネットに詳しいからできたんじゃないのか?」

「あなた達だからできたんじゃないのか?」

という疑問です。

これが最も真剣に伝えたい事なのですが、
私達だから出来た訳ではありません。

増田さんはもちろん、私もメールを使ったマーケティングなど
ド素人だった時代があるのです。

しかし私は、時間をかけて勉強し、
師匠にテンプレートの元となるメールの流れを伝授され、
愚直に実践してきて結果を出す事ができたのです。

そしてそれを増田さんに伝え、
お客様がついつい反応してしまうメールの書き方を真似しただけで、
わずか半年後には前年の5倍もの売上を記録できたのです。

また先ほどもお話しましたが
広告の書き方を中途半端に学んでいたりして
自分のアイデアを加えようとすればするほど失敗します。

大切なのは6枚のテンプレートに『忠実』に従う事です。

そしてテンプレート通りに進めれば
特別な才能が無くても成功する事ができるのです。

私はダメサラリーマンでした

私達は平凡以下の人間ですが、
メールマーケティングに出会い小さな成功を収めました。

「広告業界にいた人だけができるのではないですか?」

という不安を払拭するために
正直にお話しておかなければいけませんが
私はつい数年前までは会社勤めをしても
わずか1年しかもたなく、継続力が無い、
ビジネスマンとしては最低の男でした。

学生時代は偏差値40の大学でも出ておいた方がいいからと
親に通わせてもらった上に遊びほうけていました。

高校時代はサッカーばかりでろくに勉強も
してきませんでしたから学力でいったら

中卒レベルなのです

しかし、運良く新卒で家電量販店に就職できる事となり
好きだったパソコンの販売をしながら4年働き、
その後また運良く大手広告会社に拾ってもらいました。

社会人になってからはそれなりに興味のある職業に就けたので
初めてまともに取り扱う商品の勉強をしました。

広告会社で4年努めた後、いずれパソコン関係の仕事で
独立をしようと思い地元のホームページ制作会社に転職。

しかし、社長、上司とは全く馬が合わず
耐えられなくなり1年で退職しました。

その後、独立資金を貯めるために給料の良い
資格取得スクールに転職、営業を行ないました。

これが最後で、最悪の転職先でした。

営業職ではあるものの、興味の無い商品は覚える事ができず
売る事にも全く楽しさを感じる事ができなかったため
毎月の成績は酷いものだったわけです。

全く売上を上げる事ができない営業マンなど
会社のお荷物に過ぎません。

そんな出来の悪い人間だったので上司からは朝から晩まで

「お前は仕事をなめてんのか!?」

「やる気が無いなら帰れ!」

「明日からもう来なくていい!」

と罵声を浴びせ続けられていました。

同僚にも給料泥棒だと陰口を叩かれ
自分が全面的に悪かったにも関わらず
この時も1年で逃げるように会社を辞めました。

「そんなダメな男から話を聞きたくない」
と思われるかもしれませんが、毎日罵声を浴び、
極限まで精神を病んでしまっていて
助かるには逃げるしか道は無いと思っていました。

本当に情けない男です。

救世主との出会いが人生を変える

当時、私は人生を完全に諦めていました。

大げさな表現ではなく、独立など夢のまた夢
これからどんなに努力しても最低最悪のどん底の人生からでは
再起が不可能だと思っていたのです。

転職サイトを覗いても興味のある仕事は掲載されていない。

求人誌を手に取ってもハローワークに行っても
興味のある仕事はない。

仕事を選ばなければ働く先はあるかもしれませんが、
また酷く怒鳴られたら会社には行きたくなくなるだろう・・・

心を病んでしまっていたために新しいものにチャレンジする勇気すら
無くなってしまっていました。

恥ずかしながら告白しますが、このまま職に就かず

無一文でホームレス

となって廃棄されたコンビニ弁当を盗んで食べながら
1日中空を見上げていた方が悩む事も無く生きられる。

もしも食料を確保できずに餓死してしまっても
それはそれでいいかも知れないと思っていたのです。

そんな事を考えていた時、情報業界では唯一、東京ビッグサイトにて
6000人規模のセミナーを成功させた七星明先生と出会いました。

私のマーケティングの師匠です。

師匠は私とは生い立ちも何もかも異なりますが、私と同じく
普通以下の人間だとおっしゃいます。

しかし、多くの方により良い情報を的確に届けられる人を
量産したいという想いから、業界No.1のメール配信システムを
作り上げ、自身もメルマガを行ない、莫大な売上を上げています。

ネット上の出会いから師匠の元で学ぶ事となり
ビジネスを教えてもらいました。

そして、少しずつですが収入が増え始めました。

金の亡者になりました

収入が増え始めた私はもっとお金が欲しくなり始めました。

嫌われる覚悟でお話しますが、お客さんをお金としか見れなくなり
師匠とも完全に疎遠になりました。

師匠にはビジネスをずっと教えて頂いていたのですが
自分の力を試してみたいと思い師匠から離れてしまったのです。

この頃の気持ちを思い出すとある程度の収入はありましたが
いつも空しく何をやっても満たされない気持ちでした。

しかし、ある日、師匠からセミナーの連絡がありました。

「最近のビジネスの成果はどうですか?」

私はこの時、大手各社と提携をし、広告代理店として
メールマーケティングで
ある程度の実績を出していたので
その旨を伝えました。

「凄いじゃないですか!その成果をセミナーの壇上で話して下さい」

そんなオファーを頂き250名が集まる会場で
私が行なってきたことを話しました。

行なってきたことをアウトプットし、また師匠と話しをしたら
金の亡者になった自分を救ってくれるのではないかと
感じたのだと思います。

そして、そのセミナーで私は師匠と再開し
学んで来たメールマーケティングをできる限り
多くの方へ伝える方法を教えて頂いたのです。

私は、ダメサラリーマンだった頃の気持ちを思い出ました。

そして、

「昔の私のように悩んでいたり、諦めている人達を
成功させる事こそがミッション(生まれて来た使命)だ」

と思い、新たな気持ちでビジネスを再開しました。

受け継いだメールマーケティングを
伝えるという仕事

私は師匠が開催するセミナーに何度も足を運び
オンライン講座を受講し、メールマーケティングを教わりました。

そして、ある日師匠は

「私はもうメールマーケティングを個別に誰かに
教える事はしないのでこれからは河原崎さんが
広めていって下さい」

とおっしゃいました。

実は私も今のあなたと同じようにメールマーケティングという手法は
誰でも効果を出せるのか?と、すぐには信じる事ができませんでした。

しかし、師匠の言う事は絶対ですし
期待をしてメルマガコンサルタントを任せて頂いたので
私は教えられた事をテンプレート化し、増田さんに教え始めました。

正直な気持ちを言えば
絶対に結果は出ないと思っていました

そして、さらに正直に言えば、実はメールの書き方を教えている最中に
「絶対失敗する」と思って次の集客プランを練り始めていたのです。

しかし・・・

結果として、1ヶ月経たないうちに集客効果は表れ
日に日に予約が入るようになり、半年で525%の前年比売上を
達成させてしまいました。

自分以外の人でも結果が出せるのか?と
疑問を抱いていたにもかかわらず、ただ黙って
師匠に教わった事をテンプレート化し、
増田さんに渡しただけで、近隣の他店舗よりも
遥かに高い集客効果を実現し、前年の5倍という
圧倒的な売上を叩き出してしまったのです。

正直、何が起こったのかよくわかりませんでした。

しかし実際に、今までとは比べ物にならない
予約の電話が殺到しました。

初めてメールマーケティングの威力を知った瞬間でした。

増田さんは広告費をかけず、お店でメール会員を集め
テンプレート通りにメールを送っただけなのですが
連日満席となるほどの成果を作り上げてしまったのです。

素人でもメールマーケティングを行い
成功できるのか?

メールマーケティングは私や増田さんのように今までお客様に
メールを送った事がなくても実践ができますし、爆発的な集客効果を
得る事ができます。

そもそも増田さんは、私が案内するまで
メールマーケティングという言葉すら知りませんでした。

しかし、私が教えるとおりにメールを送ってみると
先に記載した通りの成果を上げ、今後の集客の悩みは
一切吹き飛んだと言います。

もちろん彼は個人としての経済的な余裕も生まれましたし
従業員も地域では最高水準の給与を得ています。

何度も言いますが、メールのテンプレートさえ手に入れてしまえば
どんな素人でも売上を上げる事ができます。

次はあなたの番です

ビデオに出演して頂いた増田さんと同じように
今度はあなたが成功する番です。

そこで今回、ここまで真剣に手紙を読んでくれたあなたに
メールマーケティングの全てがマスターできるプログラムを
公開しようかと考えています。

「今度はあなたがメールマーケティングを行い
高い売上を毎月手に入れる番です!」

・・・と強く言いたいのですが、私には1つの迷いがあります。

それは今、このプログラムを販売する事が正しいのか?

それがわからないのです。

なぜ、私があなたに売上を上げるノウハウを販売する事に
躊躇があるのか?

それは、毎年上がっていく税金や力を持った競合他社の進出で
利益を出すのがとても大変な店舗を多く見て来たからです。

正直に言えばこの現状を目の当たりにし、数ヶ月の間私は
悶々としながらコンサルを行なってきました。

ビジネスである以上、お客様からお金を頂く必要があります。

増税や競合進出の煽りを受けみんなお金がないのに、そんな中で
「お金をもらうのは悪いのではないか?」と、気が引けていたのです。

成功者を量産する決意をしました

メールマーケティングのノウハウを公開するのが
正しい事なのかどうか増田さんに相談をすると
思いがけない言葉が返ってきました。

「先生、私は先生に教えてもらったメール集客で
 お店を救われました。

 それまでは、集客といえば広告頼みで、しかも大きな売上を
 上げることはできなくて利益もなかなか出すことが出来ない。

 先が見えなかったんです。

 でも、スマホもパソコンもまともに使えなかった自分でもできた
 メール集客で今は本当に多くのお客様を呼び込むことが出来たんです。

 なぜ躊躇しているんですか?

 先生の手法だったら3ヶ月もあれば
 どんな飲食店でも継続して満席を作り出せますよね。

 きっと日本中にはちょっと前のウチと同じように
 集客が出来なくて本当に苦しんでいる人はたくさんいます。

 是非、その方達にもメールで大きな集客ができる方法を
 教えてあげて下さい」

その瞬間、私は決意しました。

メールでお客様を爆発的に集客し売上を上げるノウハウの
全てを教えようと。

そして、昔の増田さんのように集客に困っている人を救う必要がある。

そう思ったのです。

私もお金持ちになりたいです

もちろん綺麗な話だけではありません。

このプログラムを販売すれば、当然私もお金が儲かります。

私はこれからお金持ちになりたいと思っています。

さらに、経済的に豊かになる事に興味があります。

それも本音です。

しかし自分達が経済的に豊かになる事と同じ位、
私が師匠にしてもらったように、
現在お店の経営で苦しんでいる人達を救う必要がある、
そう考えたのです。

そして、あなたのお店が繁盛すればするほど、
私の知名度も上がり、間接的に収入が増える事も
理解しています。

ですので、
あなたにはお店を繁盛させて稼いでもらいます。

そしてあなたと一緒に、
私達もさらに経済的に裕福になります。

一緒にがんばりましょう。

半年後には毎月限界の売上
限界の利益を計上する
メールマーケティングを習得する方法

今回『伝承メールマーケティング』というプログラムを通して、
メールで集客を行なって頂き、半年以内に継続して
満席の日を作る事ができる方法の全てを教えます。

これはあくまであなたが働く1店舗での目安です。

パッケージ01

増田さんのお店のように
キャパを大きく超える状況になってしまった場合は、
多店舗展開やお店を引き継ぐ人を見つけ
メールマーケティングのコンサルタントとしてデビューするのも
1つの選択肢だと思います。

いずれにせよ、売上が上がれば未来の選択肢は
いくらでも作り出す事ができます。

思い付く未来は全てあなたが選択して良いのです。

今回、あなたに提供する具体的なプログラムは・・・

#1:メールマーケティングを行う前に
身につけておかなければいけないマインドセット

メールマーケティングを行なう前に
身につけておかなければいけないマインドセットとは。

お客様に来店を促すメールを送る際に人によっては
「このメールは本当に読んでもらえるのか?」
「迷惑に思われないだろうか」と考え、手が止まり
行動に移せなくなることがあります。

テクニックを解説したパートに進んで頂く前に
このマインドセットを習得しておかなければ
行動すら起こせなくなってしまう可能性があるのです。

このパートでは全ての不安をぬぐい去り
メールマーケティングを推進していく
マインドとはどのようなものか解説していきます。

#2:最短で集客をするメール配信システムの導入

メール配信システムと聞くと難しく感じるかもしれませんが
使い方はとてもシンプルです。

よく考えて頂ければわかるのですが、今までケータイでメールを送ったり
LINEでメッセージを送ったりしたことがあるかと思います。

メール配信システムというのはその延長です。

タイトルを決め、本文を書き、送信日時を設定して
配信予約のボタンを押すだけ。

そうした単純なものなので、マニュアルがあれば
知識ゼロのド素人でも問題なく使えるようになります。

また、メールは一般的な広告と違い、
送った瞬間に集客がスタートします。

つまり、一度広告に掲載してダラダラとお客様の入りを
待つのではなく、
増田さんのお店と同じように瞬間的に
集客をすることも
可能になるわけです。

あなたはこのパートで私達と全く同じ環境を
手に入れる事になります。

※既にお客様に配信システムを使い、メールを送っている場合、
このパートは飛ばしてメール会員の集め方に進んで頂きます。


#3:お店のファンを作るメール会員の集め方

(1)ファーストオーダー時プレゼント型

お客様にメールを配信するにはメール会員になって頂くのですが
その最も有効な手段がこのファーストオーダー時プレゼント型です。

最初のオーダー時にどんな言葉をお客様に投げかけ
どんなプレゼントを提供しメール会員となって頂くのか
その全てを公開します。


(2)芋づる式獲得型

お客様の席にてメール会員募集の案内をするのは
最初のオーダー時にしかチャンスが無いわけではありません。

メール会員様向けのプレゼントを受け取ったお客様を
店内のお客様が目撃し、その光景に羨ましいと思わせたら
他のお客様からも進んでメール会員の申込みをして頂くことができます。

そんな間接的な案内で、その他のお客様から
メール会員登録の申し出をさせてしまう話術を解説します。


(3)レジ前募集型

お客様応対の最後になるのはお会計時です。

このチャンスを逃す手はありません。

お会計時に響く他店舗と差別化する
とっておきの一言とその施策を解説します。


(4)店内POP型

店内POP型とは。

満席時やスタッフの手が足りない時には
メール会員募集の案内をすることができない場合も
あるかもしれません。

そんな時は店内に張り出したPOPに営業してもらいましょう。

メール会員のメリットを存分に打ち出し
確実にお客様が目にするところに張り出すことで
取りこぼしは最小限に抑えられます。


(5)イベント案内型

イベント案内型とは。

料理教室や食べ放題、飲み放題、バーベキュー、合コン
婚活など様々なイベント企画し、メール会員様だけの
特別プランを用意しましょう。

これを行なうことでお客様の満足度は高まります。

ここではイベント作成のヒントとその案内の方法をお伝えします。


(6)上得意様案内型

上得意様案内型とは。

お客様は他の誰よりも良い接客をされると大いに
喜んで頂けるものです。

しかしその接客も会話がなければ実感して頂きにくいものです。

ここでは、どのような会話からメール会員登録をしてもらうのか
たった1つの話術をお伝えします。


(7)スタッフランキング

メール会員を集めるのはスタッフに競わせるのが効果的です。

最初は恥ずかしくて案内できないスタッフもいるかもしれませんが
1人案内し始め2人案内し始めると案内しないのに
罪悪感を覚えるようになります。

そして、スタッフ全員が案内できるようになった時
メール会員獲得ランキングを付けることが効果的です。

ここでは、更にそのランキングを使用し
スタッフのモチベーションを上げ続ける方法を
お伝えします。


#4:お客様をお店に何度も呼び込む込む心理誘導メール

(1)メール配信システムの使い方

書き上げたメールの送信予約の方法や
メール会員の登録があった際に自動で送られるサンキューメールなど
その機能をわかりやすく解説していきます。

機能は多いもののとてもシンプルな動きなので
解説をご覧頂ければ直ぐに使い始めることができるでしょう。


(2)メールの開封率を極限まで高めるタイトル

メールをお客様に送る際
最も力を入れなければいけないのがこのタイトルです。

毎回代わり映えの無いタイトルだと
いくら本文にお得な情報が記載してあったとしても
読まれないのです。

であれば、タイトルは魅力的で
興味をそそるものにしなければいけません。

このパートでは
ついつい中身を確認しなければ気が済まなくなる様な
タイトルの付け方を伝授します。


(3)予約を促す料理のシズル感

肉がジュージューと焼けて肉汁が滴り落ちているような状態を
英語で「sizzel」と言います。

広告業界では唾液が分泌されるような
美味しい料理の表現をシズル感と呼びます。

このシズル感のある広告はやはり効果が高いです。

梅干しやレモンを想像すると唾液が口の中で
大量に分泌されますがその状況も似ています。

これは今まで食べたことのあるものを
想像しただけで反応する脳の仕組みなのですが、
料理やドリンクの美味しさは
文字でも伝えることができます。

このパートでは、
メールを受け取ったお客様が
あたかもあなたのお店で料理を食べているイメージを植え付け
予約に繋げるシズル感の出し方をお伝えします。


(4)反応せずにはいられない本能を刺激する文章

脳幹と大脳辺縁を合わせてIRAと呼びますが、
このIRAには一次的欲求(本能)がプログラムされています。

その本能を刺激する文章を書くことができれば
お客様の反応率は非常に高まり予約という行動を
促すことができます。

このパートでは、
人間が思わず反応してしまう本能に語りかける文章術
を伝授します。


(5)お客様の心を鷲掴みにするストーリーメール

人間はストーリーが大好きです。

実際、大ヒットする映画の多くは
神話の法則というストーリー構築法を元に構成されています。

なぜ、神話の法則に基づいて書かれた脚本の映画が
ヒットするのかというと、自分の人生と重なるところがあり
無条件に共感してしまうからです。

このパートでは、
神話の法則に基づいたストーリー構築法を元に
お客様がメールの内容に共感しお店に足を運びたくなる文章術
を伝授します。


(6)6つのテンプレート解説とメールの書き方

ここでは既に効果が実証されている
メールテンプレートの使い方について解説していきます。

爆発的な予約数を叩き出す3通のメール、
1通で来店を促すメールなど、その全てを公開します。

このテンプレートを使うことによって
メールの書き方を覚えるのに必要だった
膨大な時間を極限まで減らすことができます。

以上、簡単に書き出しましたが、プログラム内でお伝えすることは
実際この文量では決して納めることはできません。

ただ、こうしてその要点だけを羅列していくことで
当の私もお伝えするメールマーケティングの
ノウハウの脅威性を再認識しました。

ここまで「飲食店向けのメール集客ノウハウ」という点に
着眼点を落とし込んだプログラムは、世界のどこを探しても
見つけられないのではないでしょうか。

それほどの内容が敷き詰められたプログラムの扉が
今こうしてあなたの目の前に置かれているということです。

集客と売上アップを
本格的に成功させるための
特別なプレゼント

私達はメールマーケティングで
何度もお店を満席にし閑散期である2月、8月であっても
繁忙期と変わらない集客を実現させてきました。

しかし、閑散期であったとしても
特別なディスカウントキャンペーンを行ったわけではなく
お店に足を運びたくなるメールをいつも通り送っただけ。

ただ、8月が前年12月の売上を
大幅にオーバーすることとなったのは
ご来店頂いたお客様にある仕掛けを施したからです。

すると通常の来店時よりも1.2倍ほど多くの注文を頂き
それに伴い売上が上がったというわけです。

最大の売上を上げるのは集客に加え店舗での
効果的な案内が必要不可欠です。

そして、その方法をマスターすれば
閑散期であっても高確率で大きな実績を
出すことができるでしょう。

そこで、
『伝承メールマーケティング』に参加される方には
以下の『売上MAXパック』をプレゼントします。

これは、メールで集客ができた後に
更に売上を上げることができるノウハウになります。

ぜひこちらも受け取って成功を加速させて下さい。

あなたにプレゼントされる『売上MAXパック』は以下の通りです。

※売上MAXパックはメンバーサイト内で閲覧ができます。

成功を加速させる6つの特典

1.メルマガ力アップセミナー

『メルマガ力アップセミナー』では、
もう今では直接人に指導する事は無い私の師匠が
いかにしてメールマーケティングを成功させるのか、
基本的なところから、細かい表現、読者を行動させるための
テクニック余すところなく語られます。

このセミナーでメルマガの書き方を学べば
なぜ多くのお店のメールが
お客様に煙たがられるのか、
また、どのようなメールが
お客様に支持されるのか
わかるようになります。

※このセミナー映像は七星明先生が以前開催した数十万円の塾で講義されたもので
今回特別に再配布の許可を頂いたものです。

01メルマガ力UPセミナー動画キャプチャ

 


2.パソコン力アップセミナー

 『パソコン力アップセミナー』では、
ネット上のサービスを自由に使いこなすパソコン知識、
新しいサービスを見つける発見力、
組み合わせで新しい形を作る発想力、
わからないことを自分で解決する解決力を身につけ、
作業効率化ソフトを使いこなす経験値を上げる事ができます。

ネットを使って集客をする前の基本を学ぶことができるので、
ビジネスのスピードアップが図れます。

※このセミナー映像は七星明先生が以前開催した数十万円の塾で講義されたもので
今回特別に再配布の許可を頂いたものです。

02パソコン力UPセミナーキャプチャ

 


3.ホームページ制作力アップセミナー

『ホームページ制作力アップセミナー』では、
サイトの目的を決め、サイトの構成を考え、ページの内容を決め、
システムを組み込むという内容のセミナー映像で、
集客をし売上を上げるマーケティングの観点から
スキルアップを図るものとなっています。

※このセミナー映像は七星明先生が以前開催した数十万円の塾で講義されたもので
今回特別に再配布の許可を頂いたものです。

04HP制作力UPセミナー

 


4.ホームページデザイン力アップセミナー

『ホームページデザイン力アップセミナー』では、
閲覧者の行動を促すという観点から効果的な
ホームページのデザインを解説。

トップページの重要性から始まり、
フォント(文字の書体)の特性と使い方、
色使いのポイント、1日3分で出来る
デザイン力アップ法などが公開されています。

お店のホームページやブログがあれば、
お客様に好かれるデザインを習得し
反応率を高めることができるようになります。

※このセミナー映像は七星明先生が以前開催した数十万円の塾で講義されたもので
今回特別に再配布の許可を頂いたものです。

03HPデザイン力UPセミナーキャプチャ

 


5.利益率の高いバックエンド商品を爆発的に販売し売上を最大化する方法

メールでの集客が成功し、いざお客様のオーダーを取りに伺う際
利益率を上げるために主力商品を案内することがあると思いますが、
価格であったり、その日の気温やその他の外的要因によって
販売するのが難しい場合があります。

その際には主力商品を販売するために
フックとなる商品を見つけておく必要があります。

このパートではそのフックとなる商品の見つけ方を理解し
そして、利益率の高い主力商品をお客様に自然に
注文させてしまう方法について解説します。

150422-0005

 


6.商売の鉄則 返報性の法則

商売の鉄則 返報性の法則とは。

ご近所さんに差し入れやお土産をもらったら
何かお返ししなければいけない気持ちになるのが
心理学用語でいう返報性の法則です。

このパートでは、返報性の法則を用いてお客様に何度も
現金を頂く手法を公開していきます。

150422-0007

 


多店舗展開をしても
コンサルタントになっても
良いと思います

今回の伝承メールマーケティングでは
多くの店舗が売上アップできない3つの原因を
全て解決したプログラムになっています。

1つ目は『見込み客に行動させることができない広告』

多くの広告はイメージ広告であり、ターゲットに
行動させる事ができていないという内容でした。

しかし今回のプログラムでは
お客様に予約、来店という行動を何度も起こさせた
実証済みのメールテンプレートとメール会員の募集方法を
余す事なくお伝えし、あなたをプロレベルの
メールマーケッターに鍛え上げます。


2つ目は『顧客心理を理解していない人の提案』

多くの広告の営業マンや広告のライターは
顧客心理を理解した広告を勉強をしていないため
集客は媒体頼りになってしまっています。

ですので広告以上の予約や来店を促す事ができるのは
お客様の本能に語りかけるメールだけだなのです。

この伝承メールマーケティングで手に入れられるメールテンプレートを
あなたのお店のメニューや状況に書き変えお客様にメールを送れば
大袈裟ではなく一撃でお店を満席にする事も可能になります。

これ以上にピンポイントにお客様に
あなたの好きなタイミングで情報を届けられる集客方法は
他には存在しないのではないかと思います。


3つ目は『中途半端な人間から教わっていること』

あなたのお店の売上を最短で上げるには
直ぐにでも集客方法を的確に教えてくれる人に
話を聞き実践する事です。

しかし、世の中には経営コンサルタントを名乗っていても
分析ばかりで具体的で劇的な効果を生む集客方法を知る人は
ほとんどいません。

それはなぜかというと自らが集客をした事が無いからです。

机上の空論を語られ、それを行なったとしても
結果は知れています。

経営コンサルタントを名乗るのであれば
お店の売上を上げる事が最優先事項でありクライアントに
売上アップを達成させるために絶対に欠かす事ができないのは
集客という仕事だと思うのです。

もしも、頼れるコンサルタントが近くにいないのであれば
あなたが集客スキルを最短で身につけ、繁盛店に
育て上げることをお勧めします。

テンプレート通りにメールを週に1回送るだけで
満席をいくらでも作り出す事ができるようになります。

そして、売上アップが実現できれば
多店舗展開も見えてくるでしょうし
あなた自身がコンサルタントとして多くのお客様から
コンサルタント料を頂く事もできるようになります。

まずは身近な人に
恩返しをしてあげて下さい

私がメールマーケティングを各店舗に行い
それなりのお金を手にした時に行なった事が2つあります。

1つ目は最後に勤めた会社にお詫びに行った事です。

会社は何の前触れも無く
突然辞める様な形をとってしまったために
私が抜けた際に生じた業務を当時の同僚や上司が
引き継いでくれていたということを考えると
お詫びをしなければいけないと思ったのです。

まず私はその当時の行いを深々と頭を下げて詫び
そしてなんとか独立を果たせた事を報告させて頂きました。

おそらく当時の上司は、私が勤めていた頃との
大きな変化に驚いたのでしょう。

今では複数店舗の集客コンサルティングを
行なっているという事が信じられないと言わんばかりに
目を丸くしていました。

小さい男だと思われるかもしれませんが、
この時少しばかり見返す事ができたのではないかと
快感を覚えました。

そしてもう1つは、親を旅行に連れて行った事です。

中学を出て義務教育が終わったのに
しっかりと高校と大学にも行かせてくれて
たくさんのお金を使い教育を受けさせてくれました。

それなのにまともに勉強もせず学力は学年最低レベル。

それでも見捨てないで両親はいつも優しく
笑顔で接してくれていました。

就職すれば帰りが夜遅くなる事がほとんどで
母は一人暮らしを始めた私のアパートに度々来てくれ
体を気遣った栄養のある食事を用意してくれたりもしました。

本当に恵まれた環境にいたのに
最終的には私自身の行いから職を失い
母にはとても心配をかけ寝込んでしまう事も
あったりしました。

その後お話して来た通りメールマーケティングで独立をし
散々心配をかけてきた恩返しということで旅行をプレゼント。

「旅行に行こう」と誘った時、両親は
「いつでもいいから無理しないでね」
と言ってくれました。

相変わらずな気遣いと優しさに感動しましたが
私がまだ無理をしているように見えていたのだと思います。

しかし、現在では好きな時に旅行に連れて行き
毎月仕送りができるようになりました。

今では本当に喜んでくれていますし
生まれて来て良かったと感じた瞬間でした。

あなたが、誰に小さな恩返しをしたいのかわかりませんが
集客が成功し売上が上がり大きなお金を稼げるようになったら
ぜひお世話になった人、迷惑をかけた人達に
何かしらのプレゼントをしてあげて欲しいと思います。

伝承メールマーケティングを公開

それではこれから伝承メールマーケティングを
公開させて頂きます。

募集の期間は今の所定めてはいませんが、
全て私自身がサポートをしていくプログラムとなります。

ですので、あまりに多くの方が参加されて
対応が追いつかなくなる可能性が出てきたら
予告なく募集を終了させて頂く可能性がある事だけは
理解して下さい。

復習になりますが、伝承メールマーケティングは
以下のプログラムで構成されています。


1:メールマーケティングを行なう前に
身につけておかなければいけないマインドセット

あなたのお店のお客様を高確率でリピーターにし、
定期的に来店を促すために必要なメールを送るために必要な
マインドを学んで頂きます


2:お客様に信頼される配信用メールアドレスを取得する方法

ここからはメールマーケティングを行なう上での準備にになります。

まずはお客様に送るメールアドレスを取得していきますが
お客様がメールを受け取った時に誰から送られてきたのか
わかるようにするのも内容を読んで頂くためのコツとなります。

また、メールを管理するためのサーバーも必要となりますので
しっかりとメールマーケティングの準備を整えるようにしましょう。

※既にお客様に配信システムを使い、メールを送っている場合、
このパートは飛ばしてメール会員の集め方に進んで頂きます。


3:最短で集客をするメール配信システムの導入

メール集客準備編といってもやる事はとても少なく
このパートで終了です。

お客様に配信するメールアドレスを取得したら
メール配信システムを導入します。

配信システムの使い方はとてもシンプルです。

今までケータイでメールを送ったことがあれば
すぐに使えるようになると思いますし、操作も

タイトルを決め、本文を書き、送信日時を設定して
配信予約のボタンを押すだけ。

しかし、それでも不安な方のために使い方が
手に取るようにわかる解説ビデオをご用意します。

2章と3章は一度行なってしまえばそれ以降は見直す事は無いので
サクッと終わらせてしまいましょう。

※既にお客様に配信システムを使い、メールを送っている場合、
このパートは飛ばしてメール会員の集め方に進んで頂きます。


4:お店のファンを作るメール会員の集め方

メール会員の集め方は以下の7つがあります。

・ファーストオーダー時プレゼント型
・芋づる式獲得型
・レジ前募集型
・店内POP型
・イベント案内型
・上得意様案内型
・スタッフランキング

これらを駆使する事で取りこぼしを無くし
多くのお客様にメール会員になって頂く事ができるので
その手法を良く理解し1つずつ実践していくようにしましょう。


5:お客様をお店に何度も呼び込む込むメール

ここまで来たらいよいよ集客のためのメール配信です。

まずはメール配信システムを使った送信予約の方法から解説し、
次にお客様が見逃す事をなくし高確率で内容を確認してしまう
タイトルの付け方、文章を読んだだけで料理を食べたくなる表現方法、
本能を刺激し予約という行動を起こさせる文章術、
お客様の心を鷲掴みにするストーリーメールの書き方を解説。

そしてそれらを総動員した6つのメールテンプレート

・当日に来店を促すメールテンプレート
・1通で予約を取りつけるメールテンプレート
・3通のストーリーメールテンプレート
・5通のキャンペーンテンプレート
・7通のストーリーメールテンプレート
・売り込みをしなくても予約が入るメールテンプレート

の使い方を公開していきます。

メール会員集めからテンプレートを使ったメール作成まで
しっかりこなして頂ければ超効率的に集客ができていきますので
必ず全てを取り組むようにして下さい。

これらの5つのプログラムに付け加えて
6つの特典がセットになったのが今回あなたに提供される
『伝承メールマーケティング』です。

あなたが集客と売上アップを
成功させるために
行なう事は
以下の数ステップだけなのです

ステップ1:
まずは集客をして売上を上げていくためのマインドセットを
身につけましょう。


ステップ2:
ビデオを見ながらメールアドレスの取得、
サーバーとメール配信システムの導入をして下さい。


ステップ3:
ビデオを見ながらメール会員の集め方を学んで下さい。


ステップ4:
ビデオを見ながら効果的なメールの書き方を学び
テンプレートをあなたのお店の情報に書き変えてお客様に送り
来店や予約の電話を待ちましょう。


ステップ5:
解らない点がありましたら
メンバーシップサイトの質問コーナーから
メールを送って下さい。

内容を確認後、質問コーナー内で詳しく
回答させて頂きます。


 

お店の状況によっては若干の差は出ると思いますが
長くても半年後にはお客様にメールを送るだけで
何日も満席を作る事が可能となるように
プログラムを構築していきます。

ペンとメモを持って解らない点はすぐに書き込むようにして
メンバーシップサイトにある質問フォームから
質問しておいて下さい。

できる限り個別に質問や疑問が
解消されるよう具体的な回答をしていきます。

そして、Q&Aのページにそれを反映させ
2~3営業日以内にはメンバー全員に
シェアしていきます。

また、お伝えしていくメールマーケティングは、
元々パソコン音痴で、タイピングもようやく
できるようになってきた増田さんでもできたノウハウですので
「彼が成功できるなら私だって」と思えるはずです。

信じられない参加費について
詳しくお伝えします

私はこれまでメールマーケティングや消費者心理学、脳科学など
ビジネスにおける手法を学んできたその総額は300万円以上です。

30万円、ではなく『300万円』です。

信じられないと思うかもしれませんが、本当です。

メールマーケティングをマスターするために
何十万円もする高額セミナーにも参加しましたし、
私自身が師匠から1年間毎日コンサルを受け膨大な時間を
費やしてきました。

今では私はいくつもメルマガを発行していますが、
商品の在庫も持たず、広告費もかけず読者さんに
メールを送るだけで広告代理店として大きな収入を
得る事ができます。

また、各店舗様のコンサルを行ない、その売上の数%を
継続して頂く事ができるようになったノウハウなので、
これでも安すぎると思っています。

メールマーケティングはどんな業種にも応用が効きます。

今回の5つのプログラムでは、300万円以上かけて
私が学んだメールマーケティングの全てをお伝えします。

更に、師匠から頂いたノウハウは
メールマーケティングを初めて実践する方のためにテンプレート化し、
更に6つの特典ではメールでの集客後に通常よりも上乗せして
売上を上げるノウハウまでも公開させて頂いているのに、
今回の『伝承メールマーケティング』を300万円以下の金額で
販売するのは師匠に対しても、既にコンサルを
受けていただいているクライアントさんに対しても
失礼になると思います。

しかも、今回のプログラムを学びながら実践し
遅くとも半年後には継続して満席を作ることができるもので
増田さんの規模のお店だと

毎月200万円以上の売上を叩き出す

ことが出来るのです。

しかし、半年後にいくら継続してお客様を呼び込み、
広告費をかけず、いつでも、何度でも満席の状態を作り、
売上を右肩上がりにできるマーケティングノウハウだとしても
300万円という価格で販売してしまうと参加できない人の方が
多くなってしまいます。

そうすると、私のミッションである
「昔の私や増田さんと同じように苦しんでいる人達を救う」事が
できなくなってしまう。

それでは本末伝統ですし、
私達も何のためにビジネスを行なっているのか
分からなくなってしまします。

私も独立してコンサルタントを始めた時は
300万円という金額は用意できませんでしたし、
増田さんも当時は赤字店舗でしたので
大きな経費をかけて集客スキルを得ることは出来ませんでした。

二人三脚でお店を拡大してきたのです。

また、この手紙をご覧頂いている方の中には
1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、店がどうなっているか
わからないという方もいるのではないか、
そう考えたら敷居が高すぎる金額にするのは
現実的ではありません。

そんなことを何日も考えました。

ですので今回のプログラムの参加費は本当に悩み、
最終的に、

300万円でもなく…

100万円でもなく…

50万円でもなく…

10万円でもなく…

4万7000円(税込)

に決定をしました。


そうです、あなたは私が学ぶのにかかった費用300万円の
わずか1.5%の金額、47,000円で参加する事ができるのです。

しかも、今回は私のクライアントさんには
まだ未公開の成功を加速させる6つの特典、

  1. メルマガ力アップセミナー
  2. パソコン力アップセミナー
  3. ホームページ制作力アップセミナー
  4. ホームページデザイン力アップセミナー
  5. 主力商品を爆発的に販売し売上を最大化する方法
  6. 商売の鉄則 返報性の法則

までプレゼントされるのです。

信じられないと思いますが、本当です。

特典は伝承メールマーケティングメンバーサイトで
コンテンツと併せて公開します。

クレジットカードでも銀行振込でも、
どちらでも大丈夫です。

広告費をかけず、お客様にメールを送るだけで、
いつでも、何度でもお店を満席にし、売上前年比、利益共に
大幅にアップする事ができるプログラムが4万7千円というのは
本当に安すぎると思いますが、今回はこれでいいです。

あなたが集客に成功して、その報告をしてくれることを
心から楽しみにしています。

特別に分割払いも用意しました

しかしそれでも
「今の状況では4万7000円は苦しいです」
という人もいるかもしれません。

昔、私も職を失った時、貧乏だった事があるので、
その気持ちが少しは分かるつもりでいます。

そのため、今回は分割払いも用意しました。

分割払いのオプションを選択した方は
『3回払い』もしくは『6回払い』で参加できるようにします。

分割払いのオプションの場合は、
クレジットカード決済での参加となります。


常識を逸脱した返金保障を付けます

ここまで伝承メールマーケティングの内容を
全てお話ししてきましたが
しかし、まだあなたは本当に自分でもできるのだろうか、
メール会員は集めることができるのだろうか、
テンプレートを使ってもメールを書けるのだろうか、
そんな不安があると思います。

私も増田さんもメールマーケティングを始める前は
同じように思っていたので、あなたの気持ちは理解できます。

ですので、今回は返金保障をつけることにしました。

もし、講座内容の全てのノウハウを180日間
実践したにも関わらず、1人もメール会員を集められない、
売上が上がらないという場合は登録メールアドレスと
返金先口座情報をdsmmqa@yahoo.co.jpまでお送り下さい。

決済手数料を除いた参加費を全て返金致します。
※返金時期はご購入から180日以降210日以内に
ご連絡があった場合に可能とします。

あなたがこのオンライン講座に参加することに
金銭的なリスクを感じているのであれば、
そこは安心して下さい。

通常、商品を使ってみてダメだったら返金というのは
ありえません。

調理師の専門学校に通ってみたが思っていたより
腕が上がらなかったから返金。

調理器具を購入したものの使い勝手が悪かったから返金。

広告を出したものの集客が出来なかったから返金。

そんなことは通常ありえません。


しかし、私は最後まであなたとフェアな立場で
いたいと思ったので返金保障という形で
私がリスクを取ります。

あなたが金銭的な面で心配する必要はありません。

つまり、

伝承メールマーケティングに参加して莫大な利益を得るのか、
半年後に参加費が全額返金されるのか、

どちらかです。

それだけこのオンライン講座のノウハウに
自信を持っているということを理解して頂いた上で
参加を決め、必ず大きな売上を上げるという気持ちで
行って頂ければと思います。

成功とは出会いです

増田さんが私と出会って小さな成功が始まったように、
私がメールマーケティングを伝授してくれた
師匠に出会って成功したように、

世の中の全ての成功は、
ノウハウとの出会い、スキルとの出会い、
そして人との出会いによってしか生まれないと確信しています。

あなたもこれまで人生の中で、大きな転機があった瞬間を
振り返ってみて下さい。

善くも悪くも、人生の転機には必ず『出会い』があります。

そして『出会い』とは
『準備をしている人間』にしか
訪れません

今、あなたはこの手紙を読んでいます。

こんなに長い文章を読んでくれています。

もし、あなたが大金持ちでお金が有り余っていたとしたら
絶対にこの文章をここまで読む事はしないはずです。

もし、あなたが何か詐欺のような手法でお金を儲けたい、
もしくは楽をして片手間で何の努力もせず儲けたいと
思っていたのであれば、最初の数行でこの文章を読むのを
辞めたと思います。

しかし、あなたは、今、
この手紙をこんなにも長く読んでくれています。

それは、あなたが成功する準備ができていたからだと思います。

自分のお店をまだまだたくさん知らない人がいる、
自分のお店の料理やドリンクの味を知らない人がいる、
その魅力を多くのお客様に伝え、ご来店頂き、満足して頂き、
その対価としてお金を頂き、家族や従業員を幸せにしてあげたい。

こんな気持ちがあったからこそ、準備ができていたからこそ、
この手紙をこんなにも長く読んでくれているのだと思います。

『成功=出会い』です

そして

『出会いは準備をしている人間にしか訪れません』

私たちはこの小さな出会いを大切にしたいですし、
この出会いに気が付いてくれたあなたに
経済的、時間的な自由を手に入れてもらいたいと思っています。

まずあなたのお店を繁盛店にして、
あなたが稼いで下さい。

そして次に、あなたの周囲の人達を、同じように
経済的・時間的に裕福してあげて下さい。

まずあなたがメールマーケティングを学び、
集客を成功させ、大きな利益を手にし、
高い水準の売上と利益を安定して維持できるようになったら、
今度はあなたが周りの人達の先生となり、
彼らにこの集客方法を教えてあげて下さい。

お願いします。

インフォトップ用2

電話・FAX注文1

※コンテンツ収録時間 動画 収録時間 約10時間となります

決済方法5

伝承メールマーケティングのメンバーサイトにログインしたら
『第1章 成功するためのマインドセット』
というビデオから順番にご覧頂き学習を進めて下さい。

ビデオには1、2と番号が振ってありますので
その順に見ていくのがポイントです。

あなたが最短でお店の集客を成功させる方法が公開されます。

もし、ビデオをご覧頂いてもわからないことがありましたら
ノートにメモをとっておいて、 メンバーサイトの中にある
「質問フォーム」から質問しておいて下さい。

個別に回答を返信するとともに
Q&Aのページを作成し、そこでもシェアしていきます。

そして、半年後にはメールマーケティングを行い、
広告費をかけず、自由自在にあなたの思うがままに
集客を行なえる事となっています。

安定して予約が取れるようになり、
売上も利益も上がり収入も増えるようになったら、
両親や家族などお世話になった人達に
恩返しをしてあげて下さい。

メールマーケティングを行ない
高い水準で売上を安定させる事ができたら、
今までよりもある程度のまとまった休みも
取りやすくなると思います。

その時には家族や従業員を旅行に
連れて行ってあげるのも良いと思います。

師匠との約束を果たします

私がメールマーケティングのコンサルタントとして
クライアントを持つ前、師匠に言われた事があります。

「私から学び、河原崎さんが稼いだ方法は
自分の中だけににしまっておいてはいけません。
集客に困っている人に伝え、助けてあげて下さい」

私は、

「必ずこの手法を伝えます」

と答えました。

師匠は教え子が1人だけで稼ぐ事を嫌います。

それは、人を助ける事ができるノウハウなら
必要としてくれる人に公開すべきだと考えているからです。

実は、私は収入が入るようになった時、
このノウハウは独り占めして荒稼ぎしてやろう、
と思っていた事もあります。

本当に小さい男でした。

しかし、その後師匠と何度となく話をする機会があり、
何故私にメールマーケティングを教えたのか、
何故、困っている人に伝える必要があるのかを
お話頂きました。

師匠は日本の未来を心配していました。

「今後、消費税も所得税も上がり、
多くの人がギリギリの生活を強いられる事になる。

そんな時、危機的な状況を打開する術を知っている人が
1人でも多くいなければ日本の経済自体が破綻しかねない。

だから、多くの人々が大金持ちにまでなれなかったとしても、
不自由無く暮らせるだけの収入を得る必要がある。

だから我々はお金を稼げる人を多く作らなくてはならないのです」

スケールの大きさに圧倒された事を覚えています。

師匠の背中はまだまだ遠く
いつ追いつけるのかは分かりませんが、
今私ができる事をして、昔の私と同じように
今苦しんでいる人を救いたい、
救う必要があると思ったのです。

これが私のミッションであり、師匠との約束です。

ですので、あなたに大きな売上を上げてもらうのは当たり前です。

そしてこれから待っている厳しい時代を
確実に生き抜くスキルを身に付けて頂き、
その先にあるお金以上に大切な物まで
提供できるプログラムにする事を約束します。

私達も命をかけてがんばります。

たった1つの出会いで人生は変わります。

たった1つの決断で人生は逆転できます。

今と同じ思考と行動をしていて、今の問題は絶対に解決しません。

何かを変えたければ、新しい一歩を踏み出す必要があります。

一緒にがんばりましょう。

メールマーケティングを行い圧倒的短期間で繁盛店を
作り上げたい方は今すぐ下のボタンをクリックして下さい。

インフォトップ用2

電話・FAX注文1

※コンテンツ収録時間 動画 収録時間 約10時間となります

決済方法5

追伸1:
忘れてはいけない大切な事だけをまとめておきます。

伝承メールマーケティングは6ヶ月以内に
広告費を使わず、メールをお客様に送るだけで
満席にできる日を自由に作る事を目指すプログラムです。

また、私のサポートが追いつかなくなるほど
多くの方が参加されることになった際は予告なく募集を
終了させて頂く可能性があります。

プログラムはメールマーケティング初心者が半年で
しっかりとした集客を行なうために必要な、
以下の5つのプロジェクトと6つの特典で構成されています。

 

プログラム1:
メールマーケティングを行なう前に
身につけておかなければいけないマインドセット

お客様をメールで集客する際に必要な気持ちの持ち方、
心理的なハードルを乗り越えて行くために必要なマインドセットを
公開したプログラム。

 

プログラム2:
お客様に信頼される配信用メールアドレスを取得する方法

お客様にどこの誰がメールを送ってきたのか
一発でわかるようにするメールアドレスの作り方と
メールアドレスを管理するためのサーバーの導入の仕方を解説。

 

プログラム3:
最短で集客をするメール配信システムの導入

お客様に配信するメールアドレスを取得したら
メール配信システムを導入方法について解説します。

配信システムの使い方はとてもシンプルで
タイトルを決め、本文を書き、送信日時を設定して
配信予約のボタンを押すだけです。

 

プログラム4:
お店のファンを作るメール会員の集め方

メールマーケティングを始める際に必要な
7つのメール会員の集め方を解説。

お客様自らメール会員に申し出て頂く手法と
取りこぼしを極限まで無くす手法を公開。

 

プログラム5:
お客様をお店に何度も呼び込む込むメール

送ったメールがお客様の心に刺さり、
来店予約、または直接来店という行動を促す
メール術を学んで頂き、それを元に
6つのテンプレートを用い短時間で
メールを書き上げる方法を完全公開。

これらの5つのプログラムと
6つの特典がセットになったのが
『伝承メールマーケティング』です。

 

あなたはメールマーケティングを行い
毎月天井の売上を達成した後、多店舗展開を狙うのか?

もしくはメールマーケティングのコンサルタントになって
多くの店舗を指導し、個人的な収入アップを狙うのか?

それは私には分かりませんが、
今回のプログラムに参加されたあなたは、
どちらの人生を『選択』することも可能となります。

毎月、今まで以上の安定収入が入り始めましたら、
両親や家族に恩返ししてあげると良いと思います。

家族は喜んで泣いてしまうかもしれませんので、その時に

「今まで苦労をかけてごめんな。
これからは今まで以上に楽しく一緒に暮らして行こう」

などの、優しい一言も考えておいて下さい。

もし、借金があればすぐに返済を終わらせるのも
悪くないと思います。

今までうるさかった借金取りを、一撃で黙らせて下さい。

また今まで我慢していた欲しかったものを
買い漁るのも良いと思います。

車か時計か洋服か、何かは分かりませんが、
今まで我慢した分、多少の贅沢はしても良いと思います。

伝承メールマーケティングは4万7000円で公開しますが
一括で支払えない人はクレジットカードにて分割払いも可能です。

高い利益を出し、高い収入が入り始めたあなたは

『選択の自由』があります。

好きな人に恩返しをする自由
好きな人と一緒に過ごす自由
好きなものをいつでも好きな時に購入できる自由
好きなところに旅行に行ける自由
好きな場所に済む自由

すべてはあなたが選択して下さい。

お店を繁盛させ、経済的、時間的な自由を
手に入れたい方は今すぐ以下のボタンを
クリックして下さい。

インフォトップ用2

電話・FAX注文1

※コンテンツ収録時間 動画 収録時間 約10時間となります

決済方法5

追伸2:
伝承メールマーケティングには、今までの広告のように
失敗や挫折する要素がほとんどありません。

そもそもご来店頂くお客様にメール会員になって頂き、
何度もリピートして頂き、あなたのお店のファンを作り、
お客様自身にお店の広告塔になって頂くノウハウですから
多額な広告費を使って集客できるかどうかハラハラしていることなど
あるはずがありません。

広告費をたくさん使って
ガンガン新規のお客様を取り込むというのも一つの手法ですが、
それでも閑散期には集客が芳しくなく、結果費用対効果が悪く、
赤字の場合もあり店主の顔色も悪い。

そんなことなら広告費など払いたくないと思われる方も
数多く見てきました。

広告費をかけたものの期待した効果が得られない時は、
いつも胃が痛そうで、病気になっても1日も休めず
本当に苦しそうです。

大切なことはあなたが目指す理想の集客法と
売上アップ後のライフスタイルを考えることです。

私は、広告費をしっかりかけるのは、店舗の力で
「もう伸び代がない」というところまで
集客ができてからで良いと思っています。

今の店主様、オーナー様を観ていたら、
食べるためだけに仕事をしているサラリーマンの生活と
何も変わらないような気がします。

 

そして、メールマーケティングは広告会社にとってみたら、
お金を吸い上げるお得意様が離れていく手法なので
鬱陶しいことこの上ないとも思います。

メール会員さえ集めてしまえば、
いつでもお店のお得なお知らせやキャンペーンなど、
企画の案内を一人一人のお客様に送ることができますし、
広告費をかけないわけですから、仮に送ったメールの反応が
イマイチだったとしても痛くもかゆくもありません。

むしろ、それでデータが取れるわけですから
次回以降、反応が取れにくいメールは
送らなければいいだけです。

(すでに反応がしっかり出ているメールテンプレートを
お渡しするので反応が薄いというのはまず考えられませんが)

 

増田さんは言います。

「メールを週にたった1通送るだけでガツンと集客できるなんて、
なんだか楽をしているようで悪い気もしてきます」

 

いつでもメールで集客ができるようになるということは、
しっかりと計画を立てて休みを取ることができるということです。

飲食店ではなかなか難しかった
1週間ほどの比較的長いお休みも取ることが
できるようになるでしょうし、
スタッフにも休暇をしっかりと与えられ、
なおかつ高水準の給与を支給することも
可能となるでしょう。

こう考えるとメールマーケティングは
集客のためだけのノウハウではない
ということがよくわかるのではないでしょうか。

大きな売上、大きな利益を生み出すことができたその先には、
あなたが望む理想のライフスタイルが待っているのです。

一緒に集客、売上アップを成功させましょう。

そして自由を手に入れましょう。

無料で電話相談を受け付けます

この手紙でご案内してきた内容で
わからなかった点や不安な点がありましたら、
無料で電話相談をさせて頂いています。

予約制になりますが、お店の仕事もお忙しいかと思いますので
なるべくどんな時間でも対応いたします。

どんな相談でも構いません。

メールマーケティングを今まで行ったことがないという場合は
わからない事があって当たり前です。

「メールでの集客は全くやった事が無いのですが大丈夫ですか?」

「お客様は本当にメールなんて読んでくれるのでしょうか?」

など、本当にどんな相談でも大丈夫です。

分からないのが当たり前ですし、
疑問や疑いの気持ちを持つ方が普通だと思います。

気軽に遠慮なく相談して下さい。

絶対に売り込むことはしませんので安心して下さい。

もし、何か直接聞きたいことがありましたら、
まずは無料電話相談の予約を取って下さい。

電話相談


メールで予約を取る際に、以下の4つを記載して

以下のアドレスにメールをして下さい。

1.メール送信先:mail@mshukyaku.net
2.メールの件名:伝承メールマーケティング電話相談希望

3.あなたのお名前
4.あなたの電話番号(もしくはLINE IDかSkype ID)
5.希望日と希望時間帯(10時~21時までの間)

記載例:
第一希望 ◯月◯日 ◯時~◯時の間
第二希望 ◯月◯日 ◯時~◯時の間
第三希望 ◯月◯日 ◯時~◯時の間

のように、記載して下さると助かります。

折り返し、無料電話相談可能な日時をご連絡させて頂きます。

電話相談は、『LINE』もしくは『スカイプ』を使った
無料通話を使わせて頂きますが、
もし、LINEとスカイプの使い方がわからない場合は、
通常のお電話でも相談可能ですので遠慮なくご希望を記載下さい。

あなたと直接お話しできる事を心から楽しみにしています。

よくある質問をまとめておきました


Q:お客様にメールを送ったことがありませんが大丈夫でしょうか?

A:大丈夫です。

最初は誰もお店の宣伝をメールで送ったことはありませんが、
今では、私のクライアントさんは全て集客に成功しています。

なぜ、今までメールを送ったことのない人が
短期間で集客を成功させることができるのか?

少し秘密をお話ししておきますが、メール会員を集めて
3通のストーリーメールテンプレートを使えば
すぐに売上が上がってしまいます。

これはどんな飲食店様でもです。

本当にすごいテンプレートなのです。

簡単に言えば、あなたはまずメール会員を集めたら
まず最初に3通のストーリーメールテンプレートを
使用すれば良いのです。

テンプレートに書かれているものを
あなたのお店の状況に合わせて書き換えるだけで
予約を取り付けることができてしまいます。

この3通のストーリーメールテンプレートを使えるようになったら
他のテンプレートも状況に合わせて使っていくと良いでしょう。

 


Q:メールをお客様全員に送るのには専用のソフトが必要ですか?

A:メール配信システムが必要です。

システムと聞くと難しく感じますが
使い方はとてもシンプルなので短期間で使えるようになります。

メール配信システムはいろんな会社がありますが
コストが安く一度に大量配信ができて
迷惑メールに入りにくいということを考えたら
エキスパートメールがお勧めです。

エキスパートメールは使い方も簡単で
送る時はメールを書いて送信日時を設定して
送信ボタンを押すだけなので、
スマートフォンやパソコンでメールのやり取りを
したことがあればすぐに慣れると思います。

また、使い方は講座内のビデオでで
詳しく解説するので特に心配しなくても大丈夫です。

 


Q:スマートフォンだけでもメールは送れますか?

A:できないこともないです。

スマートフォンでもメール配信システムにアクセスできるので
使えないわけではないですが、パソコンからの方が
より見やすくシンプルに簡単に操作ができます。

パソコンで操作した方が時間がかからないので、
スマートフォンはお店で緊急の案内を
するときなどに使うくらいが良いかと思います。

 


Q:必ず参加させて頂きたいのですがオンライン講座の開始は
いつになりますでしょうか?家族に内緒で参加するので
日程がわかると助かるのですが・・・

A:オンライン講座はお申し込み頂いて決済ができましたら
infotopからメールが届きます。

メールが届いたらinfotopマイページより
伝承メールマーケティング
メンバーサイトのURLとログインID、
パスワードが記載されたPDFをダウンロードできます。

そちらからログインして学習を始めて下さい。

また、学習するにはどこかに通う必要はなく、
インターネットが繋がったパソコンがあれば、
職場でも、ご自宅でも、どこでも可能です。

※ビデオはスマートフォンやタブレットでも見ることができます。

 


Q:学習期間はどのくらいなのでしょうか?
また宿題などは存在するのでしょうか?

A:学習は約10時間のビデオによって行って頂きます。

また、伝承メールマーケティングには宿題はありません。

参加が確定したらビデオを見ることができる
メンバーシップサイトをお知らせしますので、
それからすぐに学習することが可能となります。

現時点ですでにメールを送っているお客様が
たくさんいるのであれば、
3通のストーリーメールテンプレートを使い
すぐに集客することもできると思います。

 


Q:お客様にメールで送る料理のメニューは
真新しさが無いのですが大丈夫でしょうか?

A:大丈夫です。

もちろん、新しいメニューの方がお客様自体は
興味を持って頂きやすいのですが、
定番のメニューであっても再度、その魅力を
メールテンプレートに従って書き起こして頂くだけで
そのメニューを目的に来店を促すことができます。

「誰でも知っているメニューを案内するのは
意味がないのではないか?」

と言われたことがありますが、
その誰でも知っているメニューに特徴が1つでも
ありさえすれば、それは可能になります。

調味料、焼き方、揚げ方、切り方、
盛り付けの仕方、出来上がるまでの過程など、
これらが1つの料理の特徴となり、
お客様に「食べたい」と思わせる文章になります。

あなたのお店の料理やドリンクメニューが
何種類あるのかはわかりませんが、
そのメニュー1品1品メールで送ったとしても
相当なネタの数になります。

私が知る限り、大手チェーン店を含む多くの飲食店様でも
まともにメールマーケティングを行っているのは
極々わずかです。

本当のメールマーケティングを知り、
正しい手法で行えば、驚くような数のお客様を
来店に導くことが可能になると思います。

 


Q:私はメールやインターネットに疎いのですが、
さすがにこんな状態では無理ですよね?

A:無理ではありません。

今回行って頂くのは、ホームページを作ったり
プログラム言語を覚えることではありません。

お店のホームページがあれば、
そこでメルマガの案内をするのは可能ですが、
メール会員集めはお店でお客様のオーダー取りの際に
一言添えるだけだったりしますので
インターネットのスキルは必須ではないわけです。

そして、メールですが、ケータイでもパソコンでも、
今まで1回も行ったことが無いということは
ないのではないかと思います。

ただ、正直な話をすれば、
インターネットを使って情報収集をしたり、
ブログやフェイスブックなどで
記事を書いていたりすると早くに
メールマーケティングにも慣れるのも確かです。

 


Q:参加者の数は限られていますか?

A:今のところ特に限定はしていませんが
あまりに参加者が増えすぎるとメールマーケティングの

効果が薄れる可能性もあるのでその時には
募集を終了すると思います。

また、私のサポートが追いつかないほど参加者が増えた時も
募集を終了する可能性があります。

 


Q:簡単ですか?

A:簡単、という日本語の解釈の仕方次第だと思います。

もしあなたが『簡単』という言葉を、
片手間、楽勝という感覚でとらえている場合は
「簡単ではない」という答えになります。

しかしホームページを作成したり、
ブログを何十記事も更新したりすることに比べたら、
私は「かなり簡単です」と言いたいです。

私はオンライン、オフライン問わず、
いろいろなビジネスをやってきました。

ホームページも自分で作り大手企業と何社も提携し
広告代理業を行ったりもしていますし
サラリーマン時代は家電量販店、大手広告会社などを
渡り歩いてきました。

しかしそのほとんどは
メールマーケティングよりも遥かに難しく
成果を上げるのはなかなか大変で挫折したものもあります。

それら他のビジネスに比べたら
メールマーケティングは簡単だと思います。

ですので今は他のビジネスはほとんどやめて
自身のメールマーケティングと
メールマーケティングの指導に専念しています。

 


Q:ホームページやブログを使う必要はありますか?

A:必要はありませんが、使ったらメール会員は
お店だけの集客よりも増えるかもしれません。

しかし、ホームページやブログは今回は補助的な感じで
考えて下さい。

もし、今それらをお持ちであれば
メール会員集めの案内を記載すると良いと思いますが
お店で会員になって頂く方と比べたら
来店の可能性は低い方ということになります。

お店でメール会員になって頂いたお客様の方が
しっかりとメールをご覧頂けます。

 


Q:私は地方に住んでいますが参加できますでしょうか?

A:参加できます。

オンラインビデオ形式になっていますので
あなたの自宅やお店のパソコンで
全てのノウハウを見ることが可能です。

もちろんスマートフォンやタブレットでも視聴できます。

 


Q:私はパソコンを持っていないのですが、スマートフォンでも
メールマーケティングはできますか?

A:できないとは言いませんがお勧めはしません。

学習のみの場合はスマートフォンだけでも問題ありませんが
いざ実践となった時パソコンを使わないと
はるかに効率が悪く作業に時間がかかり過ぎてしまいます。

ですので必ずパソコンをご用意下さい。

 


Q:私はお金がありません。
借金してでも参加したいのですがどう思いますか?

A:借金はしないで下さい。

これはいつも言うのですが借金だけは絶対にしないで下さい。

借金は人類史上最悪の発明です。

借金だけは避けるようにして
とにかく自分のお金で参加して下さい。

もしそれが無理な場合は今回は諦めて下さい。

 


Q:オンラインビデオとはどのようなものでしょうか?
永遠に見られる物なのでしょうか?

それとも閲覧期限などがあるのでしょうか?

A:今回の『伝承メールマーケティング』は参加者だけに
限定で公開する動画がメインのコンテンツになっています。

オンラインビデオ形式というのは
あなたがいつでも好きな時に
パソコンやスマートフォン、タブレットがあれば
いつでもどこでもノウハウを見ることが可能なシステムです。

あなたはメンバーシップサイトにアクセスして
好きな時に好きなだけビデオを見て、何度でもレポートや
音声や特典をダウンロードすることができます。

一度だけで心配な場合は何度かビデオを見て
確実にメールでの集客ノウハウを習得するようにして下さい。

 


Q:今現在メール会員様はいないのですが大丈夫でしょうか?

A:全く問題ありません。

伝承メールマーケティングではメール会員の集め方を
一から教えていきますので全く心配いりません。

プログラムで公開される7つのメール会員の集め方は
すでに効果が実証されている手法になりますので
教える通りに行って頂ければ高確率で結果が出ます。

楽しみにしていて下さい。

 


Q:何か特別に用意しておく物、
準備することなどはありますでしょうか?

A:インターネットに繋がったパソコンをご用意下さい。

他には何も要りません。

 


Q:オンライン講座は全何回でしょうか?

A:今回のオンライン講座は何回という提供の仕方ではなく、
ステップバイステップで学んで頂くための各パートに
分かれます。

ビデオの数は20本以上。

また、1本のビデオの長さはノウハウによって差があるので
20分くらいで終わるものもあれば、1時間くらいかかるものも
あります。

私が隣にいなくても確実に理解できるものに
なっているので楽しみにしていて下さい。

 


Q:オンライン講座という事ですが、質問などをしたい場合
受け付けて頂けるのでしょうか?

A:もちろん、わからない点はいつでも質問をして下さい。

メンバーサイトには質問フォームを設置しますので
そちらから質問を書き込んで頂き、遅くても
翌日までには回答をメールでお送りします。

また質問の回答はQ&Aのページを作り
参加者には質問と回答をシェアしていきます。

なので、遠慮はせずにわかるまで、納得するまで
質問をするようにして下さい。

これを繰り返すことでスキルはアップしていきます。

 


Q:講座ではメール配信システムの使い方やアドレス管理についても
お聞きすることはできますでしょうか?
またサポート期間はどのくらいでしょうか?
質問はどのくらいの頻度で答えて頂けるのでしょうか?

A:まずメール配信システムの使い方、
アドレス管理の方法については
講座の前半に
詳しく解説をしますのでご安心下さい。

そして、サポート期間は6ヶ月になります。

シンプルなノウハウになるので、
おそらくそれ以上の期間は必要ないかと思いますが
サポート期間中は遠慮せずにわからないことがあれば
まずメモを取っておいてできるだけ早く
質問をするようにして下さい。

質問には個別に回答をしますし、講座の参加者から頂いた
質問はQ&Aページを設置し、そちらでもシェアをしていきます。

質問に対する回答の頻度は毎回です。

回数制限などはありません。

納得できるまで、スキルが身につくまで何度でも質問をして下さい。

増田さんもそうして集客スキルを身につけてきました。

 


Q:私は能力がないのですが大丈夫でしょうか?

A:解りません。

正直、相談を頂く方から毎回この手の質問をもらうのですが
ガックリきてしまいます。

『私は能力がないのですが。。』

という気持ちはよくわかります。

私も『能力がない』と言われたことが何度もあるからです。

パートナーの増田さんも同じです。

メールマーケティングを始めた当初の文章は酷いもので
お客様からの反応はほとんどありませんでした。

もちろん、それまでお客様の心を動かす文章などは
全く学んだことがなかったために
仕方のないことでした。

料理を上手に作ることはできても
他のことはからっきしで頑固。

美味しい料理だけ作ることができれば
立地など関係なくお客様は来てくれる。

集客は二の次だと考えていたのです。

フレンチのお店なので飲み物はワインだけあればいい。

ビールなどは邪道だ。

そう思っていたのです。

しかし、お客様のニーズは違っていた。

料理がフレンチであってもビールを飲みたい人もいれば
日本酒や焼酎を飲みたい人もいる。

お客様のニーズに合わせて
フレンチにも合う飲み物を取り揃え
それをメールで案内したのです。

すると徐々にお客様は集まり始め
次第にその数は増えていきました。

増田さんは言います。

「僕は自分のエゴや変なプライドに凝り固まっていて
お客様を見ていなかった」

と。

 

それからはお店の売上はどんどん上がっていきました。

彼は謙遜して今でも
料理以外の取り柄はないと言いますが
しっかりと学び、集客スキルという
とても大きな力を手に入れました。

しかし、それまでは売上も利益も上げることが
できなかったため、お店をたたもうとすら
思っていたこともあります。

 

『能力がない』

 

これは、私もサラリーマン時代に
上司に毎日言われていた言葉で
また、増田さんも料理の修行中や
ご自身のお店を構えるようになってから
多方面から言われてきた言葉です。

私も増田さんもこの言葉を見ただけで
胸が張り裂けそうになり鼓動が激しくなり
心拍数が上がりドキドキします。

私達は能力がないんです。

能無しなんです。

でも私は今まで他人に『私は能力がないのですが…」などと、
わざわざ言ったりはしませんでした。

そんな事をいくら他人に行っても無意味だからです。

そんな言い訳を他人にするくらいなら
1通でも多くのメールを送ったりと必死でした。

とにかくやりました。

『能無し』は心の奥深くにしまい、
ひたすら動き続けました。

失敗してバカにされて恥をかいて
大金を損しても、とにかく『やる』と
決断してやり続けました。

そして私を今まで『能無し』と呼んでいた
かつての上司を見返すことができました。

そして今では、私が以前勤めていた広告会社が
どんな広告を打っても儲けさせることができなかった
クライアントさんに爆発的な集客力を授け、
それまでの何倍もの利益を上げて頂いています。

なぜそんな事ができるようになったのか?

やったからです。

数年前、『俺はやりぬく』と決断したからです。

 

才能じゃないです。

能力じゃないです。

環境じゃないです。

やったからです。

やり抜いたからです。

ただそれだけです。

 

『伝承メールマーケティング』では
私達が0から稼いだ全てを教えます。

あなたと同じ24時間しか使えない
普通の人間が知名度も知識もお金もお客様も
極わずかな状態から集客を成功させ、

前年比売上525%を達成した増田さんが行った方法を
初心者でも出来るようにテンプレート化して教えます。

しかも、私達がこれまで
数百のメールを送ってきた中で結果の出た
おいしいメールだけをピックアップして雛形にして
その使い方をステップバイステップで教えるのです。

 

後はあなたが『やる』かどうかです。

甘えをなくす必要があります。

楽勝に簡単に片手間で集客ができる訳がありません。

しかし、有名でもなく能力もなく
お金もお客様もいない状態から
私たちはここまで這い上がりました。

ただ『俺はやり抜く』と決断したからです。

ただ師匠に言われた事を信じて、
一切の言い訳をなくしてひたすらやり続けたからです。

すべてやったから今があります。

 

いつ、やるかです。

いつ、本気を出すかです。

いつ、言い訳や甘えを捨てるかです。

私達は数年前に甘えや言い訳を捨てて
やり続けたから今があります。

 

広告費もかけず数通のメールを送るだけで
爆発的な集客ができ、大きな利益を上げるというのは

普通ではありません。

異常な状態です。

私達は普通でないくらい結果を出し、
悠々自適に経営や生活をするのです。

興味がなければ今まで通りの経営をするのも良いです。

それが正しい正しくないはありません。

 

今までと同じ道を選択するのも、
メールを送るだけで売上を上げてしまう手法を取り入れ、
ゆとりを持った経営を選択するのもあなたの自由です。

しかし半年以内に大きな利益アップを狙いたいのであれば
『やる』と決断する事です。

能力や才能や環境ではなく、やると決めて最後までやり抜く事です。

最後は心の問題です。

 

数年前、『やる』と決断した自分自身を本当に褒めてあげたいです。

昔の私の決断に心から感謝しています。

あの『運命の日』から人生が変わりました。

あなたにとっての『運命の日』は、もしかしたら今日かもしれません。

 

数年後、今日『やる』と決断したあなたと、
大きくなったあなたのお店で
一緒に祝えることを心から楽しみにしています。

名前01

 


あなたとあなたの家族、従業員のために、人生を変える

決断ができた方はこちらをクリックして下さい・・・

インフォトップ用2

電話・FAX注文1

※コンテンツ収録時間 動画 収録時間 約10時間となります

決済方法5

 

 

 

 

プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記
Copyright (C) 伝承メールマーケティング All rights reserved.